• 村山順子

「クラス」復活! 「原点」を思い出しました。

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。

春の陽射しを浴びて、色とりどりの花たちが咲いています。


昨日は、久しぶりに「クラス」という社内勉強会を開催。

「クラス」は、スタッフの勉強会!(ミーティングとは別です)

会社の成り立ち、創業の想い、何を大事にして進んで来たのか、

等々、私の話をした後、質疑応答があり、最後に感想を書いて提出する

という内容です。

1ヶ月前に3名ほどのスタッフに時間をとって同じような事を話した時、

「クラスを復活させてほしい」との意見がマネージャーに届いたそうです。

スタッフの仕事を調整してくれ昨日は、7名ほどで始めました。


以前は時々開いていましたが、なかなか時間がとれなくて

開けていませんでした。

私自身、他での講演が多く身近なスタッフたちに、その時々の話はしていますが

2時間ほどじっくり話をするのは、何年ぶりのことでした。

聴くのは初めてのスタッフもいました。とても新鮮だったようです。


私自身、話しながら創業時、ただひたすら無我夢中で取り組んできた日々を思い出しました。嬉しい日々でした。

52歳直前、経営計画など何もなく、あるのは「尊敬する亡き夫に恥じない仕事がしたい!子供たちに恥ずかしくない生き方がしたい!」との想いだけで「エイ!ヤッ」と、1人自宅の一室からのスタートでした。


前の会社で、No.2として会社全体を見て営業、総務、スケジュール作り、クレーム対応等々。

あまり現場には出ていませんでした。

洗剤にしても新素材が次々と出ていましたので、その度に同業者に聞きました。

すると、それぞれが違うことをいわれます。

メーカーに聞くのが確実!と思い、その都度にメーカーに問い合わせ確実な情報を得、試してみて

取り組んできました。

そしてお客様に「村山さん、早く大きくなってね」と励まされお仕事を頂いた事など思い出しました。


「村山さん、苦労されましたね」と、何人かの方に言われた事がありますが、「苦労した」という

記憶は全くなくて・・・


「目の前のお客様にどうしたら喜んでもらえるか」など目の前の課題解決に夢中でしたので、

その事がクリアできた喜びが大きくて「苦労」と思った記憶は殆どはありません。

女性だからと、馬鹿にされたことは一度もありませんでした。

(私が気づかなかっただけなのかな?)


ただ、いつも「ゼロ地点、原点」を持っていました。

しんどいと思った時

「この仕事は誰に言われて始めたの?」・・自分で始めたよ。

「どこで始めたの、今はどうなの?」・・自宅で始めたよ。今は大好きな場所に事務所を借りているよ。

「誰と始めたの?今はどうなの?」・・1人で始めたよ、今は一緒に働いてくれる素敵なスタッフがいるよ。

「仕事はあるの?」・・・お陰様で仕事はあるよ


などと自問自答を繰り返し、創業時の原点に立ち戻って考える時、なんと恵まれた自分であるかに気づかされ、

感謝の想いが湧き上がってきます。

自分の心がまた燃え上がってきた事を思い出します。


「立つ時の心、原点が大事」と以前よく講演でも話していた事を、

今、このメルマガを書きながら思い出しました。


「ゼロ地点、原点」が大事だということを気づかされた 昨日でもありました。

自分の心を立て直すのは、結局自分自身。

自分の気持ちを常に高めながら、立て直しながらの20年だったのだと

気づかされました。

創業時を思い出した昨日でした。

良きスタッフに恵まれ、お客様に恵まれての20年です。(正確には9年前に代表は長男にバトンタッチしています)

さらにより良くを目指し頑張ってくれると思います。

私にできる事を、喜んで精一杯させていただこう!と思った昨日でもありました。


今日も素敵な1日でありますように!



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube