「幼なじみ」っていいですね!


おはようこざいます。

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます!

昨日は急な暑さに驚きました。

みなさんの地域ではいかがでしたでしょうか?


話は変わりますが

私は13歳まで故郷、沖永良部島で過ごしました。

沖永良部島での友人(アグ)たちには格別な思いがあります。

昨日、倉敷市に住んでいるアグから、冷凍の破竹が送ってきました。

彼女は17日、神戸のホテルで開かれた「人生を変えた10行の手紙」の集いにも、

倉敷から駆け付けてくれました。


沖永良部島出身の彼女の友人が、私の本を読み感動したとの事で、

山でとってきた破竹を私に送ってほしい!と、彼女宅の庭先においていかれたそうです。


彼女は私が忙しいだろうからと思い、

破竹を湯がいて食べやすい大きさに切って冷凍し、すぐに使えるようにして

送ってくれました。


昨夜、いただきました。

すぐに料理に取りかかれ、彼女の優しさが伝わりました。

柔らかくて美味しい破竹でした。


故郷を離れ57年余り。

会うたびに一瞬で昔のアグに戻ります。

沖永良部島のアグは、名前を呼び捨てにします。

「良子」「トシ子」「ノリエ」「セイ子」「清二」「進」「順子」などと。

”さん“ づけで呼ぶと、何か遠い存在に思えます。

沖永良部島の幼なじみだけに許された、呼び方です。


書きながら、アグの顔が浮かんできます。

それぞれにいい年を重ねている事が、嬉しくてなりません。

会いたい!思いっきり話したい!聴きたい!そんなアグたち。


みなさん、幼なじみって良いですね!

今日も暑い1日のようです。嬉しい1日をお過ごし下さいますよう!



村山順子

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示