• 村山順子

「祈り」と「願い」 自分ではない誰かの為に・・・


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

昨日は1日(ついたち) 。

毎月の自分との決め事、

氏神様(神社)に月初のご挨拶に伺いました。


毎月1日の朝9時から始まる「月次祭(つきなみさい)」に

今月も参加させて頂きました。

清々しい本殿、厳かな気の漲るなか、

進左退右と、型通りに神事が運ばれます。


帰りに、本殿横に置いてあった

リーフレットを頂きました。

こんな事が書かれていました。



『祈り』と『願い』・・

自分ではない誰かの為に・・

との小見出しが。


少し転載させて頂きますね。


『「祈り」と「願い」の違いは何?と

問われると不思議に感じる事でしょう。

同じ意味とも思える「祈り」と「願い」。

実はここに似て非なる大きな違いが隠されているのです。

世界中に突如発生した新型コロナウイルス・・。

・・今まさに国難の時。人々の心にある「願い」とは何なのでしょう。

それは「家族みんなが無事でありますように」

「医療現場の皆さんの心が少しでも和みますように」といった

他者を思う気持ち。実はこれこそが「祈り」なのです。

つまり祈りには「自分ではない公や誰かの為に」という

願いが込められているのです。

・・・・・中略・・・

お願いはちょっとした心遣いで、お祈りに変える事ができるのです。

・幸せになれますように→皆が 幸せになれますように

・お金持ちになれますように→一生懸命働いて、豊かな生活ができますように。

・志望校に合格できますように→志望校に合格して家族皆が喜んでくれますように。


随分印象が変わってきます。・・・

祈りは美しい心を育み、結果以上に自身の成長と、豊かな人生を与えてくれるものです。』


誰かの為に・・最近は、まだ見ぬ多くの方々…日本中だけで無く、地球上の人たちの事に

想いを馳せて祈る事が多くなっています。

そうする事で、自分の心の安定を図っているだけかもしれませんが・・


心静かに祈る時、感謝の気持ちで朝のスタートができます。


みなさん、今日も誰かの幸せを願いながら・・ 

笑顔溢れる、素敵な1日でありますように!



村山順子

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube