• 村山順子

「絞る」「捨てる」事の難しさ!

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


みなさんは、決められた時間内に、ポイントを押さえた、相手に伝わる話しができる方ですか?

私は、なかなか・・難しいです。あれもお伝えしたい!と思い、盛りだくさんに。


結局早口になってしまいます。

聴いてくださる方の心にしっかり届く前に、私は、はや次の話に移っています。

つまり間(ま)がないのです。


厳しい批評をしてくれる長男は、

「聴いてくださる方々を置き去りにしている!」とか、

「話の展開が早くて、聞いていて、はてな?を残している・・のでは」と。


“大切な時間を使って聞いてくださる方々の心に響き、伝わる話を!“と思っての、長男の進言です。

有難いと思いますが、時に落ち込みます。


そして今頃、気づく事があります。

盛り沢山すぎた事。講演では絞り込み、捨てる実践が必要だと。

もっとシンプルに!


お伝えしたい話のゴールを明確にし、

磨いた言葉、少ない言葉で、ゆったり講演できる事が最近の目標です。

心の痛みを伴いながらも意識し歩み続けていると、いつの間にか身につくと確信し自分を励ましています。


創業は1999年7月。

初めて講演させて頂いたのが、2000年の秋だったと思います。

神戸勤労会館でのセミナーで、体験発表的な講演の機会を頂きました。

ご依頼頂くまま、どんな想いで起業し、嬉しかった事、失敗した事などを

ありのまま懸命に話していました。


聴く方の立場に立って、話していたかと言いますと、

ただ、伝えたい!との想いでいっぱい。配慮の足りない私でした。


あれから20年近く経ちました。

今は?

多くの経験を重ねてきました。

すると、お伝えしたいことが、益々増えました。


それを削ることが難しく、あれこれと話に入れてしまいがちです。

時間がたっぷりある講演だと、聴いてくださる方々に語りかけるように話せるのですが・・・


短い時間だと、「あの事と、この事は繋がっている・・」から片方だけでは伝わらない!

と思い、無理して時間内に入れてしまい早口に・・


昨日、自分の棚卸しをしました。

エピソードや、体験した事を箇条書きにしています。

それをテーマごとにグループ分け。

そして一つのエピソードを丁寧に深掘りして情景が描けるように話すと良いのだと。

何の計算も計画もなく、ただ感動した事をお伝えしたくて手紙を書いたり、行動する事が、

次から次へと繋がり、引き上げて頂き、それがまた繋がり・・・この繰り返しでの今です。

考えてみると、ただ運が良いだけ!良い方にご縁があったお陰様!の気がします。


話がテーマからそれてしまいました。

いかに捨てるか!絞り込むか!物も、話も、すっきりさせたい!と思う昨日でした。

この文章自体が、問題ですね。

文章も絞り込み!余分な駄文は捨てる。

こう言い聞かせています。

朝から長く、重くなりました。お許しくださいね。


暑い毎日ですが、季節は巡っています!

後少しで秋風が吹きますね。

暑さが厳しければ、さらに秋が楽しみになります。


行動は慎みながらも、心は明るく軽やかに!と思っております。

今日も嬉しい1日でありますように。



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube