2021年6月3日 『あ・す・こ・そ・は』(寺田一清先生のお言葉)

更新日:2021年6月18日


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


昨日、尊敬申し上げるK弁護士さんから、レターパックが届きました。

中には素敵な小冊子や、ご自身が発行していらっしゃる想いの詰まった

「灯明(ともしび)便り」や、「20年間の感謝とこれからの抱負」が掲載された

文章のコピーが入っていました。


弁護士のお仕事をされながら、ご理解ある主人様(弁護士さん)と、協力し合い、

温かいご家庭を築かれて、3人の娘さんを育てていらっしゃいます。

全てに全力で取り組まれ、学び続けていらっしゃるK弁護士。

(少しご自分を緩められては・・と、思ったりしますが)

大手企業の社外取締役もされ、今の社会をより良い方向に変革して行かれる方で

いらっしゃると思います。

人間的な深みを感じるK弁護士のご活躍が、楽しみでなりません!


レターパックの中には、ほかに、

お節介協会の“高橋恵理事長の対談のCDと、最新本「あなたの心に聞きなさい」の

リーフレット。

モラロジー研究所の「れいろう」(心の生涯学習誌)。

そしてタニサケの松岡浩会長の「成形の功徳」の小冊子等。


全てにK弁護士の、「良いと思うことは多くの方々に紹介したい!」「喜んで頂きたい」の

お心が溢れていました。


お忙しい中、あの事も、この方の事もと、

思いを巡らせながら、レターパックに詰めて下さったのですね。お心頂戴いたしました。

また、両面いっぱいに、優しさの溢れる自筆のお葉書・・素敵な「贈り物」!

K弁護士ありがとうございました。


あっ!今朝のテーマ「あ・す・こ・そ・は」に戻りますね。


K弁護士の「灯明便り」令和3年5月号に書かれていた、

寺田一清先生(令和3年3月31日ご逝去)のお言葉の中に、書かれていた言葉です。

「灯明便り」から一部転載させて頂きます。


・・寺田一清先生は、森信三先生の哲学を広く世に知らしめた先生です。・・・

寺田先生のご講演では、更にかみ砕いて、日常生活、

これだけ守れば大丈夫!という事を繰り返し語られていました。


『あ・す・こ・そ・は』

・あ・・挨拶は人より先にまず笑顔

・す・・すまいるはこころ安らぐ天の花

・こ・・こしぼねは立志つらぬく要(かなめ)かな

・そ・・そうじとは場を清める浄心行

・は・・はがきこそ人の心を結ぶ鍵


・・・略・・・

寺田一清先生は生涯の恩師、森信三先生の教えを、

分かりやすい言葉で、実践し易いように教えてくださっています。

ご著書もたくさん書いていらっしゃいます。(「人は終生の師を持つべし」他多数)


そしてご縁の尊さを思います。

K弁護士とのお出会いは、

以前エートス法律事務所が、無料で会場を開放して下さっていた

「エートスステーション」でした。

鈴木民治先生(ヒューマンリソース研究所所長)が

長年続けて下さっている『人間図書館』での

K弁護士のご講演でした。

実は、K弁護士のご講演があるとも知らずに、

鈴木先生のお誘いで参加させて頂いたのですが、ご縁なのですね!


一瞬で、なんと聡明で、優しい方かと思いました。

誠実なお人柄が伝わり、引き込まれるように聴かせて頂いた事、

思い出します。(多分6~7年前かと)


素晴らしいご縁のもとを辿るとき、

尊敬申し上げる先輩方のお顔が、浮かびます。


ご縁を頂いている事に感謝し、

大事に繋いでいきたいと思う今朝です。


『あ・す・こ・そ・は』を

しっかり心に留めて実践します。


今日も喜びいっぱいの

一日でありますように!



村山順子

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示