• 村山順子

『心を届ける手紙のセミナー!』

お早うございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。

北の国からは今が見頃との「紅葉便り」が届いています。


みなさんの地域はいかがですか?

今年は自然災害が頻発し、私たちの暮らしは大きな影響を受けていますが、

自然界は何事もなかったかのように、時がくると木々は紅葉し

私たちを楽しませてくれます。淡々と生きていく事を教えられます。


昨日は神戸での「心を届ける手紙のセミナー」でした。

申し込みのあった初めての方々が、それぞれのご事情で参加できなくなり、

4回目の参加の方々との少人数でのセミナーでした。

始まる前にアシスタントのMさんとランチをしながら打ち合わせ。

「今日は参加者が少ないけどちょうど良くなるよね!」と話し会場に。

しばらくすると1時半開会ですが 、1時前にはお二人で来てくださいました。


いつもですと、初めての方と複数回参加の方々が混ざり合っているので、

何回も参加されている方は、同じような話を聴くことになります。

(その都度の新しい話もありますが、どうしてもお伝えしなければならない事は

何度も聴くことになります)


ところが昨日は、今まで参加された方々でしたので今まで話したことの無い話。

講演でも時間の制限がありなかなか話せないこと・・・を

お話しする事ができました。

いつもは私の話の後、手紙を書くのですが、

「手紙は家に帰ってから書けるので、話を続けて欲しい」との事で話を続け

時に参加者の話を聞かせてもらいました。


『即行動することの大切さ、手紙が繋いでくれた素晴らしいご縁や体験、また色々な機会を与えてくださった方への報告やお礼の手紙、想い続け行動し続けてていると願いは叶っていた事』

等々を体験からの具体的な話をさせて頂きました。

聴いてくださる方々の熱意が、引き出してくれたのだと思います。

また参加者の方々のお話も素晴らしく、感動し、素敵な方々との出会いに

感謝いっぱいの昨日でした。


そして改めて気づきます。

私に大きなチャンスを与えてくれたのは、素直な感謝の手紙を書いたことでした。


『手紙の素晴らしさ』を教えてくれたのは、22年前に突然逝ってしまった夫からの

手紙でした。

夫が私の49歳の誕生日に書いてくれた10行ほどの手紙!

その手紙は、私が一生元気でイキイキと生きていけるエネルギーを今も送り続けています。


そして『手紙の素晴らしさを多くの方にお伝えしたい!』との

ライフワークになっています。


そして昨日は、「心を届ける手紙のセミナー」をより良くするために

どうしたら良いのか!

手紙の素晴らしさを多くの方々に体験して頂きたい!そんな事について

手紙大好きなアシスタントのMさんと話し合いました。

良いアイディアを出してくれる頼もしいMさん。

勇気凛凛!になりました。


講演や企業研修等が多く、ここ数年は2~3ヶ月に1回の開催になっていた

自主開催の手紙のセミナーを、彼女の提案で来年から毎月開く事にしました。

奇数月は初回参加の方だけ。

偶数月はかってセミナーに参加した事のある方々だけ。

こうすることにより、より良いセミナーを作り上げることができる事に気付きました。


来年から毎月第3日曜日午後、神戸三宮駅近の会場で。

14年続けてきた「心を届ける手紙のセミナー」の新たなスタートです!


71歳!

更なるチャレンジが出来る事に、心沸き立つ思いです!


『手紙大好きな方!手紙やはがきを自然体で書きたいと思う方!』

一緒に手紙を書いてみましょう!

相手に伝わる手紙が必ず書けます。


また、グループで、企業研修で「手紙のセミナーを開いて欲しい!」と思われる方は

どうぞメールくださいませ!


日本全国に心を届ける手紙・はがきを書かれる方を増やし、

温かい人と人の繋がりを作りたい!


手紙は、面と向かっては照れくさくて言えない「ありがとう、ごめんなさい!」も素直に書けます。


読み直し、足りないところは付け加えたり、書き直しもできます。


私自身、前に勤務していた会社の社長・・親友だった社長との人間関係を

つなぎ直してくれたのも手紙でした。

『手書きの手紙は優しい心の贈り物』


あっ!ごめんなさい!

手紙の事になると話が尽きません!


週初めです。

みなさんに今日も嬉しいことがありますように!



村山順子

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube