お手紙ありがとうございます!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。


毎日何通かの手紙や、はがきを頂きます。

手書きの手紙やはがきは嬉しいですね。

はがきはすぐに内容が読めて良いですね。

また手紙は、封を切るときのドキドキ感が嬉しいですね。


13日日曜日大雨の中、大阪に参りました。

午後4時過ぎから7時過ぎまで、関西学院大学大学院MBAで、

「企業倫理」の講義をさせて頂きました。

お休みの日の夕方、雨の中、学びに来られている方々。

どのような想いを持ち、目的を持って学びに来られているのかを思う時、

深い敬意と尊敬の念を持ちながら話を進めました。

皆さま企業や、病院、役所などで活躍されている方々です。


関学の佐竹教授とのご縁のお陰様で、年に2回ほどMBAで講義させて頂いています。

教授は、私に、『「起業の想いや、仕事に向かう姿勢などを話した後、

誰のお陰様で今の仕事ができるのか・・

「職恩」の方に手紙を書いて貰ってください』との

ご指示のもとで、させて頂いています。


私の話の後、皆さまに「大切な方に手紙を書きましょう」と

瞑想し大切な方を思い浮かべて頂いた後、実際に手紙を書いて頂いています。

そのあと、「分かち合い」という、その場で希望者に書いた手紙を読んで頂く

時間があります。


「どなたか手紙を読んでいただけませんか?」と問いかけますと

「ハイ」と手を上げて読んでくださいました。


その手紙は私に宛てた手紙でした。

驚き感激しました。

講義の翌日も、昨日も嬉しい手紙が届きました。


それは私の講義が良いというわけではなく、聴いて下さる方々の

聴く姿勢、深いお心が素晴らしいからだと思います。

受け止めてくださる方々の 素晴らしさに他なりません。


講義の最後にこんな事を話しました。

「誰でも置かれた場所で懸命に頑張ることはできます。

ですが、その場を与えて頂ければこそ頑張れるのです。

頑張る機会を与えて頂いている事に感謝したいですね」と。


私自身、このような機会を頂いた教授に感謝の気持ちでいっぱいです。

誰のお陰様で今、こうして暮らせているのか・・・仕事ができるのか、

時に考え、感謝の気持ちを言葉で、また手紙で、書いて届ける事も

良いのではないでしょうか。


今週もお読みくださりありがとうございました。

素敵な週末をお過ごしください。

今日も嬉しい一日でありますように!



村山順子

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示