• 村山順子

こんな時だからこそ手紙・・ 書きませんか!


おはようございます!

連休真っ只中ですが、

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。


話は変わりますが、

私は、ポストを開けるのが好きです。

ちょっとドキドキ、ワクワクしながらそっとダイヤルを回します。

あった!見覚えのある字や、

懐かしい方からの手紙や葉書が、

毎日のように届きます。


そして私も書いて送っています。

最近は行けませんが、文具屋さんでレターセットやカードを

選ぶのが、大好きです。

送る方を思い浮かべながら選ぶのは、楽しい時間です。


最近、テレビのコマーシャルでも

「こんな時だからこそ 手紙書きませんか!」と流れています。


また好感度の高い素敵な芦田愛菜さんが、手紙ナビゲーターに就任。

彼女は「手紙は生活に小さな幸せを運んでくれるもの。手紙を書いている間は、ずっとその人のことを考えている・・・優しい気持ちになれる」と。


素敵な彼女が手紙の素晴らしさを伝えてくれると、

もっと手紙を書く方が増える!と、嬉しくなりました。


自由に会いに行けない今。

両親、祖父母、また入院、入所中の家族。

何とか気持ちを届けることはできないか?

“できるのです!”

多くの方から、嬉しい手紙やメールが届きます。


2004年から、手書きの手紙の素晴らしさをライフワークとしてお伝えしています。

1996年、出張中に突然逝ってしまった夫。4人の子どもたちは皆学生。

鬱状態になりました。

そんな中、亡くなる40日前の私の誕生日に、

夫が書いてくれた10行ほどの手紙!

その手紙に、生きる希望と、勇気をもらい立ち上がる事ができました。


そんな実体験から、「手書きの手紙は優しい心の贈り物」

“大切な方に手紙を書きましょう!” と、皆さまに勧めています。


2019年、新潟県長岡市での手紙のセミナーに参加された方から、

昨年の緊急事態宣言の時、こんな手紙が届きました。

「施設に入所中の100歳の母に、直接面会はできないけど、孫、子どもたちの手紙や写真を

入れて送る事を続けています。リモートで見る母の表情や話題が豊かになっています。」と、

嬉しい手紙が!

青森からも、東京からも・・


手を取り合い、会えるのが良いのですが、できない事を嘆くより、

今、できる事を考えてやってみる!

伝わるのですね!

また、手紙はいつでも、好きな時に読み返せるのですね。


大切な方、懐かしい方の事を心静かに思い出し、

この連休、

「手紙、書いてみませんか?」


みなさん 

今日も笑顔溢れる、

嬉しい1日でありますように!



村山順子

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示