• 村山順子

アグが選挙に!同級生が”勝手連“

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。

昨日は天気に恵まれ、被災地の片付けも少し捗ったのでしょうか?

1日も早く普通の生活ができますようにと祈ります。


表題の「アグ」は、故郷、鹿児島県沖永良部島の方言で「友達」という意味です。

鹿児島から南に550キロ、島の周囲は約60キロ、人口は二つの町を合わせて約14000人。

穏やかで優しい人たち。時間が緩やかに流れています。


1862年、西郷隆盛さんが過酷な島流しされた島でもあります。

西郷さんが陋屋の中で痩せ衰え命の危険があった時、島の若い役人、その母親が西郷さんのお世話をし元気になりました。西郷さんはお世話になったお礼に、島の青年たちに

江戸時代の儒学者佐藤一斎先生の「言志四録」を教えました。

人としての生き方、飢饉の時の備蓄なども教えて下さり、沖永良部島は農業の盛んな島、

教育熱心な島になり「教育の島」とも言われています。


余談ですが、西郷さんの「敬天愛人」の思想は、沖永良部島での体験の中から、

生まれたと言われています。

私は13歳で勉強の為、神戸に出てきました。

島を離れて60年近くなる私を、地域の人たちは、いつも両手を広げ「順子ちゃん、よう帰ってきたね!ゆっくりして行きなさいね」と、迎えてくれます。


実は一昨日、神戸にいる田舎の同級生から電話がありました。

8月の町会議員選挙に、長年区長として地域のお世話をしてくれた同級生のT君が

立候補するとの事。

彼は、誠実で地域の方々を懸命に、お世話をしてくれています。

私が田舎に帰った時に、多くの方々を集めて手紙のセミナーを開いてくれたり、

その様子をテレビで録画、後日、放映など、私に力を貸してくれました。

彼の誠実な人柄を同級生は皆、知っています。

彼の立候補が嬉しくて、できればトップ当選目指そう!と、「勝手連」を作り応援しています。

神戸から田舎の叔母に電話で応援お願いね!と、頼んだり。


友人から彼が立候補する!との話を聞き嬉しくて嬉しくて、すぐに彼に電話。

明るい声で「頑張るね、ミヘディロ」(ありがとう)と。


幼い時を共に沖永良部島で過ごした友だちは、懐かしく愛しい存在です。


良子、ノリエ、セイ子、順子と、名前は呼び捨てです。

呼び捨てで呼んでくれるのは田舎の友だちだけ。それが嬉しいのです。


コロナの時期で、なかなかみんなで会えませんが、応援の方法は色々あるので、

工夫し知恵を絞り、当選祝いしている姿を思い浮かべて応援します。


雨の週末のようです。

どうぞお健やかで嬉しい週末をお過ごし下さいますよう!



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube