• 村山順子

アグ(友)たちに支えられて

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。

昨日、神戸では幼稚園の卒園式が多かったようです。

出会う親子に「卒園、おめでとうございます!」を言いながらすれ違いました。

胸にリボンをつけた可愛いワンピース姿、スーツ姿の幼稚園児。正装されたご両親。

ウイークデーですが、今はご両親揃って出席される方が多いようです。

その子にとって初めての卒園式!

赤ちゃんだった我が子が・・・と思うと、感慨ひとしおなのだと思います。


前置きが長くなりました。

3月24日日曜日午後1時半から、東京大井町駅近くの“きゅりあん”で

心を届ける手紙のセミナーを開きます。


毎回なのですが、声掛けして多くの参加者を集めてくれるのは

故郷、沖永良部島のアグ(友)で、今は千葉市に住んでいるノリエです。

アグの名前は呼び捨てです。“さん“をつけると、何か遠い存在に思えるので

良子、ノリエ、セイ子、順子と、呼んでいます。


13歳で沖永良部島から神戸に来た私。

アグと過ごした年月は短いのですが、ただただ懐かしくハナシャヌ(愛おしい)存在。

会えなかった長い年月は、会うと一瞬で埋められ、幼い頃に戻ります。

24日も何人かのアグが来てくれます。


13歳のとき以来、初めて会うアグもいます。

無条件に応援してくれる沖永良部島のアグたち!

ありがとうね~

私はアグたちに、何をしてあげれただろうか?

いつもいつも応援して貰ってばかりです。

沖永良部島でも3回、手紙のセミナーや講演会を開いてくれました。


あるアグは、

「順子が頑張って活躍してくれている 、その事が嬉しいからね!アグだからね。

当たり前のことだよ!」と優しい事を言ってくれます。


どこまでも広がる青い青い空と、青い海、輝く太陽、風の優しさ、波の音、

美しい自然と、優しい人情が今も息づく故郷、沖永良部島!


沖永良部島に生まれた事の幸せを思います。アグのいる幸せを思います。

ですが、

昨年、沖永良部島で暮らしていた妹が亡くなり、母も寝たきりで

宮崎のケアハウスへ転院し、お墓も移してしまいました。

空き家となってしまった我が家。

心が痛みますが、

故郷沖永良部島はいつも、私の心の中にあります。


あっ! 東京での手紙のセミナーから

アグたちに会えるのが懐かしく嬉しくて、故郷沖永良部島を書いてしまいました。


みなさんの故郷は何処でしょうか?

時々帰られますか? 友達に会われますか。


年齢を重ねると無性に故郷や、友人を思い出すことがあります。


さぁ! 今日はまたとない最高の一日!

「人生の中で、今日より若い日はありません」とカレンダーに書いてありました。


素敵な一日でありますように!



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube