• 村山順子

コロナを恐れる余り・・の悲しさ

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


毎月、大阪の友人から、彼女の会社名で葉書が届きます。

社長(友人)の感じた事など、社会情勢を重ねながら葉書一枚におさめて

届けてくれます。

昨日、こんな葉書が届きました。


「コロナの影響が留まることを知らず、広がるばかりのような経済不況の中にいます。

そんな中でこのような出来事がありました。

親しくしている知人の身内が亡くなりましたが、娘さんが都会からの帰郷(鹿児島県の離島)を親戚から拒否されてしまったのです。拒否したご親戚の胸中も、わからない訳ではありませんが、永遠の別れに立ち会えない娘さんの胸中を思うと、言葉を失います。

拒否したご親戚は高齢との事でしたが、何とかならなかったでしょうか?

それぞれの立場と、状況には、人様にはわからない現状があるのでしょうが、

考えさせられる出来事でした・・・」


“ウィズコロナ”コロナと共に生きていくこれからの社会。

インフルエンザも、毎年型を変えて流行しています。

基本的なことを守りながら、過剰に反応してしまうのも・・・?と、

思ったりします。

コロナのワクチンができるまで、過剰な反応はなくならないのでしょうか?


葉書の結びに

「・・これからも様々な出来事にぶつかるでしょうが、自分に

どんな判断と行動が取れるのかひたすら精進して人間力を高める

努力をしたいと思います。・・」と書いていました。

同感、共感の葉書でした。


みなさん 今日も嬉しいことをたくさん見つけ、

笑顔の一日になりますように!



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube