スタッフへの手紙!

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

急に冷え込んできましたね。

エアコンを暖房にしたり、ストーブを出して貰ったり。


弊社では毎月、給料日にはスタッフ宛の手紙(カード)を書いて給料袋に入れています。

それは、創業時の1999年8月の給料日以来、ずっと続けている弊社の習慣です。

そしてもう一つの習慣。

今どきですが、遠方のスタッフ以外は手渡ししています。(遠方のスタッフは振込)

顔を見て、声を掛け、話を聴いています。

コロナ以前の給料日には、私が、「賄い」を作り、来た人から頂いていました。

日頃、余り出会えないスタッフとも話をし、笑い声の絶えない給料日の

風景でした。


コロナの緊急事態宣言後は、共に食事をすると楽しくてつい話に花が咲きますので、

残念ですが食事は無しに。

そして給料日も、振り込んで欲しいスタッフには振り込み。

事務所に来てくれるスタッフにも密を避けるため、

部屋の中は一名だけ。

終わると、次の人と交代。

今は、少し緩めていますが。

カードは、社長が主に自然の景色を撮り、その写真の横に詩を書いた

月替わりのオリジナルカードです。

その裏面に私が、その人宛の手書きの手紙(Card)を書いています。


カードを書きながらいろいろ思い出します。

明石に住んでいるスタッフが、どうしても来てほしい!とのお客様のご指名で、

神戸市灘区まで暫く通っていた事もありました。


スタッフたちが力を貸してくれ、知恵と心と力を寄せ合って、続けて来た会社です。

1人1人の顔を思い浮かべながら書いていると、感謝の想いが溢れてきます。


21年が過ぎ、創業時のメンバーも髪に白いものが増えています。

無理なく、体力に合った仕事を続けて貰えたら・・と思います。


スタッフたちに「ひまわりに来てくださり、本当にありがとうございます!」

の気持ちでいっぱいです。


共に働けること、なんと嬉しいことでしょう!

今日も感謝して、喜んで進んで働きます!



村山順子

閲覧数:0回0件のコメント