• 村山順子

万年筆がないと・・・

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。


私事で笑われそうですが、

手紙を書く時、万年筆は私にとって必須アイテムです。


お気に入りの万年筆のペン先が引っかかるようになり、手紙を書くたびに憂鬱になっていました。

1本は11年前、私のはじめての著書「60歳の約束」を出版した時に

親戚のおじさんからお祝いにいただいた、エンジ色のお気に入りの万年筆。

もう1本は、同じメーカーの黒の万年筆。

どちらも最高の書き味で、万年筆を持つと、勝手に手が動く・・

そんな分身のような万年筆でした。


うっかり、ペンを床に落としてしまいました。

先日、ペン先の調整をお願いしていた文具の「ナガサワ」さんから連絡があり

万年筆をいただきに行きました。

その書き味を確かめると嬉しくて嬉しくて!


もう一本の万年筆の調整もお願いしました。


店員さんが笑顔で預かってくださり、後日また連絡を頂きました。

二本とも書き味が見事によみがえっていました。

無料で調整して下さり、有り難くて、嬉しくて春のレターセットを購入!

早速お気に入りの万年筆で手紙を書きました。

書き慣れた万年筆に気持ちを乗せて、書きました。


万年筆の先の調整という、

ほんのちょっとしたこと

で、こんなに弾む気持ちになるという事を体験しました。


子どもたちのやる気、スタッフのモチベーションも

ほんのちょっとしたことからかもしれないなぁ~ と思う朝でした。

今日も素敵な一日をお過ごしくださいませ!


笑顔の1日でありませように!



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube