伸びる人の共通資質・・素直、我慢強い

伸びる人の共通資質・・素直、我慢強い 

(星稜高校野球部元監督山下智茂先生の講演より)


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

コロナウイルスの暗い話題の中、パンダの赤ちゃん誕生!

白浜のアドベンチャーワールドで生まれたパンダは17頭目との事。

お父さんパンダの「永明」は28歳。人間の年齢に例えると80代前半!

久しぶりに、みんなが笑顔になれる明るいニュースでした。


話は変わりますが、土曜日森信三先生に学ぶ勉強会、

「実践人の家」の秋季研修会に参加させて頂きました。

会の名前にあるように理論や知識ではなく、それを実践し人間性を

高めていく学びの会です。

講演者のお一人は、巨人で活躍、その後メジャーに行かれ国民栄誉賞を受賞された松井秀喜氏の恩師、星稜高校野球部の元監督の山下智茂先生でした。


まず驚いたのが山口先生のご自分への厳しさです。

早朝から毎日グランド整備をされ、草むしり、率先垂範されていたそうです。(在職中ずっと)

そしてコロナの今こそ、基礎基本を学ぼう!と言われていました。

山下先生が大事にしていた事は、「マナー日本一、相手を認める事」でした。

そして叱られ方を見ると、その子の資質が分かると言われていました。

叱られて帰る ・・・・4流

ふてくされる・・・・・3流

下を向く・・・・・・・2流

ありがとうございますと言う・・1流

「ありがとうございます」を言うと不思議な力が湧いてくる。

何事もうまくいく。


山下先生は部員に読書を勧めたそうです。

話す・・・3分間スピーチ

読む・・・新聞、本を読む(致知など)

書く・・・毎日野球日誌を書く

そして、なぜ?なぜ?なぜ?どうしたらいいのかを考えさせた。

ミーティングでは人生とは?人間学とは?について話し合い、

人生を生き抜く力を教える(身につけて貰う)事に力を入れていたそうです。


実践に裏打ちされたブレる事のないお話でした。

信頼関係で結ばれた師弟関係・・教え子たちは野球だけではなく、

人生を生き抜く力を学び、育っています。


話が深く多くて、書ききれませんが、厳しくも愛情深い山下先生でした。

先生は伸びる人の共通資質は「素直・我慢強い」と話されていました。

先生の背中を見ながら育った部員の方々は、何か困難にぶつかった時、

「山下先生ならどうされるかな?」を思いうかべると、

すぐに答えが出ると思います。


尊敬出来る師に出会える幸せ!

生涯の師を持つ幸せ!

ハンカチの離せない心の震える感動の講演でした。


今日も目覚めを頂き、手が動く、足が動く、目も見える、音も聞こえる!

何と有り難い事でしょう!

感謝の1日を過ごします!



村山順子

閲覧数:2回0件のコメント