出会いから18年!

おはようございます。

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。

11月は今日で終わり、明日から師走です。


年賀状の用意はされましたでしょうか?

12月15日から受付開始のようです。

今年こそ慌てないでゆっくり年末が迎えられるように、

家の片付けなども計画的に、

1日30分の仕事を積み重ねていこうと計画中です。


話は変わりますが、

土曜日、神戸ハーバーランドのホテルの大宴会室で(定員の3分の1位の参加者で)

「第87回継塾・一般社団法人職人起業塾」合同のオープンセミナーがありました。

その研修にT塾長のご依頼で、講演者としてお招き頂きました。

1番に感じたのはT塾長の志の高さと、業界全体の底上げを図る人材育成力です。

学び続け、ご自身が自社で実践され、それを建築の職人業界全体に広げて行かれる

熱い想いと、行動力を目の当たりにしました。


T氏に初めてお会いしたのは、18年前、

築35年の木造二階建ての拙宅の、

全面リフォームを、お願いした時でした。


T氏にお願いする事になった1番の決め手は、

彼の、部下に接する姿でした。

建築士を目指す女性スタッフが、立体化した家の説明をするのを

ニコニコと見ていました。それは、“何かあったら責任は持つからやってごらん!”と、

育てようと、大きく見守る姿でした。

時に、そっとアドバイス、

その姿に感動しました。


T氏の会社にお願いしました。

それはそれは誠実な仕事でした。


職人さんたちも朝夕の挨拶、掃除は勿論、

耐震の補助金制度が有るとの事で、書類を整え私は確認の印鑑を押すだけ。

床材なども少し色合いが違うけれど、より良い品が安価で手に入るのですが・・

と、提案してくれたり。期待以上の仕上がりでした。


定期的に「不都合なところはないですか?」と、点検に来てくれていました。

そんなT氏が学ばれ実践している事を、みなさんに伝え、

教え導いていらっしゃいました。


塾もきちんと組織化し、継続して運営している事に敬服です。


刺激し合い、前に進んでいる若い人たちを見せて貰い、

新たな力を頂きました。


今週もみなさんに、嬉しい事が有りますように!



村山順子

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示