叔母の付き添いは、姉妹協力して!


おはようございます!  

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。


日曜日、海岸沿いの市営住宅で、1人暮らしをしている86歳の叔母(母の妹)から電話。

「腰が痛くて歩けないので月曜日、病院に連れて行ってくれないかなぁ」と、遠慮がちに。

「おばちゃん、わかったよ。大丈夫だからね」と言って電話を切りました。

実は月曜日、私は予定がびっしり。

インターネットラジオ出演、

面接に来られる方との面談。

ポートピアホテルでの経営講演会の準備等々。


すぐに三田市の妹に電話しました。

私が叔母の状態、そして私が空いている時間に 

「できる事、できない事」を話すと、

妹が「後は私がやれるよ!」と、一瞬で話がまとまりました。


予約なしで行くので随分待つことになります。

せめて私が、早く受付を済ませておこうと思い、

叔母の診察券と、保険証を預かりに叔母宅に行きました。

叔母は我慢強い人ですが、ベッドに横になったまま、

保険証を出して「順子、悪いね!ありがとう」って。


「おばちゃん大丈夫!M子と一緒にするから任せて!」と。

昨朝早く、総合病院で並んで受付の順番待ち。

番号を頂いた後、三田市からバスでくる妹を新神戸駅で迎え、叔母宅へ。


そこから妹が介護タクシーをお願いし病院まで。

そんな流れがすぐに決まり、その通りに運んでいます。

いろいろ言わなくても阿吽の呼吸!


94才の東京の叔母(父の妹)の事、神戸の叔母のことも、

時間に余裕があり、良く気がつく三田市の妹が

主に動いてくれています。


姉妹弟、それぞれ環境が違いますが、仲が良いです。

「できる人がそれぞれ、できる事をして報告、

それに対してありがとう!と伝える事」が自然に決まっています。


長女の私は、長女らしい事はなかなかできませんが・・

いい妹弟に恵まれた事、両親に感謝の思いでいっぱいです。


みなさん、

今日も嬉しいことがありますように!



村山順子

閲覧数:5回0件のコメント