• 村山順子

嬉しい!母校での講義

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

昨日は母校、武庫川女子大学での講義の日でした。

私にとって、特別に嬉しい日です。


母校で初めて講義をさせて頂いたのは、

2012年2月7日でした。

実は2005年頃から1年おきに、3回

インターンシップで兵庫県立大学の女子学生4名を1週間、

お預かりしています。

来た時の表情、態度と、1週間後の彼女たちの表情、言葉遣い、態度が

3回とも明らかに変わっていました。

学生たちのあまりの変化に昔、小学校に勤務していた時の喜びが湧きあがってきました。

「学生たちに伝えたい!話したい!」という気持ちがフツフツと

沸き上がってきました。

・・・ですが、私は特別な資格は持っていません。

その気持ちを封印していました。

私は2011年3月27日、経営者の朝の勉強会モーニングセミナーに参加していました。

セミナーが終わり突然、役員の方が

「村山さん、講師の時間が空いているので、倫理指導を受けてくれませんか」と。


突然の事に、封印していた事・・が溢れてしまいました。

「母校で学生たちに伝えたい!講義がしたいと思っていますが、

何の資格もない私が、その様な事を思うのは、不遜な事でしょうか?」と。

講師は即答で

「村山さん、すぐに母校に行きなさい!今まで新聞雑誌に取り上げられたものを全部集めて。本も書いたでしょう!それも全て持って!直ぐに!直ぐですよ!」

と、強く勧めました。

思いがけない事でしたが「ハイ」と。

すぐに資料をまとめて翌日、40数年ぶりに母校を訪ねる・・それも自分の宣伝をしに・・

敷居が高くて、高くて。

勇気を振り絞って同窓会館に。

事務長がしっかり話を聞いて下さり、「村山さん、お預かりします。お返事はいつになるかわかりませんが」と。


3~4日後に大学の教務部から電話があり、「来年2月になりますが、1講座お願いします」と。

その時は同窓会の提供講座でさせて頂くことになりました。

その後、単位が取れる共通学部の講義として今に続いています。

後で事務長から聞いた話ですが、「多くの卒業生が講義をさせて欲しい!と訪ねてくるのだけど、なぜか村山さんの話を聞いて貰いたいと思って推薦したの!」と。


あの時、勇気を出して、即同窓会館を訪ねた事が今に繋がっています。

あの時、突然に「先生の時間が空いているから、村山さん何か相談して」と言って下さった方・・

その何か一つでも無ければ、今、こうして後輩たちにお話しできていません。


昨日の学生たちのコミュニケーションシート(感想)、聴き方がよくて感激でした。

書き尽くせませんが、得難い嬉しい1日でした。


素直に「ハイ」と直ぐ行動したお陰様で、私の「夢」の一つが実現しました。そして継続中!

どなたが欠けても実現できなかった事。

感謝しかありません。


みなさんの今されていることのきっかけはどんなことでしたか。


今日も笑顔溢れる1日でありますように!



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube