• 村山順子

心安らぐ旅の風景!行ってみたい花畑...のこしまアイランドパーク

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

立冬を過ぎ、今年も後50日余りになりました。

突然ですが、みなさんはどのような映像がお好きですか?

私は気持ちが晴れやかになる自然の風景や、

世界遺産の映像や汽車の旅の映像を観るのが大好きです。(歴史的な物も好きです)


色とりどりの花畑!川のせせらぎの音、紅葉のグラデーション、

山々を眺めていると、地球の美しさに心が震え、感謝の気持ちでいっぱいになります。

その美しさに、時に涙が溢れます。

自然のおりなす、えもいわれぬ風景を見ていると、心が大きく柔らかく、優しくなります。


日曜日のお昼過ぎ、片付けをしながらNHKBS放送をつけると、

福岡県能古島の「睦子ばぁちゃんと花畑」(のこしまアイランドパーク)の映像が流れていました。

何年か前の映像でしたが、調べてみると、のこしまアイランドパークは現在、

開園50年余りになるとの事です。

元々はサツマイモを作っていたそうですが、亡きご主人様が大規模農家にはかなわないからと、サツマイモ農家を辞めて花畑に転換したとの事。

何故花畑に?

その理由は、高度成長時代。都会で疲れた人たちの心を、花で癒そうと開墾し、植え続けたそうです。


「花を見るのにお金を払って島まで来る人がいるのか!」と、周りから色々な声が聞こえたそうです。


当初は、お客様が来なくて、苦しい時期が続いたそうですが、

それでも手入れをし、花を育て続けたそうです。


やがて、ご主人さんが言われたように、都会で疲れた多くの人たちが、

自然の中で広い畑一面に咲いている花を観に、きてくれるようになったとの事。

一度観に来ると、リピーターになってきてくれるそうです。

ある若いご家族は、

「実家に帰ってきたような気持ちになる」と言われ、ご家族で毎年夏休みの1週間

「のこしまアイランドパーク」で過ごすと、言われていました。

春の菜の花、夏のひまわり、マリーゴールド、秋のコスモス、

冬の水仙などの花たちが迎えてくれるそうです。


空が高く、眼下には海、自然いっぱいの花の島“のこしまアイランドパーク“


テレビを観ているだけで気持ちが晴れやかになりました。

行きたいところがまた出来ました。


みなさんは

今、旅行されるなら、どこに行きたいですか?

想像するだけで、楽しくなりますね!


今日も嬉しいことがたくさんある1日でありますように!



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube