心惹かれるチェンバロの音色!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


「チェンバロ」の演奏って、聴かれたことございますか?

昨朝、私は初めてチェンバロ演奏を聴く機会がありました。

澄み切った、それでいて柔らかな音色でした。


目を閉じると、花園が浮かんだり、野原が浮かんだり、

小鳥たちの鳴き声が聴こえるような、

繊細な音色のチェンバロでした。


グランドピアノの小型のような、細長くて、とても品のある優美な形。

美しい絵が描かれたチェンバロで、

すべて職人さんが手作り。

注文から手元に届くまで4年間も、待ったそうです。

毎日弦の微調整をしないと良い音が出ないそうです。


話を戻しますね。

昨朝、神戸ポートピアホテルの広い部屋でチェンバロの演奏と、

「今こそ、実践の船出!~北前船紀行」のテーマのお話を、

お聞きしました。


お話しくださるのはチェンバロ奏者の明楽(あけら)みゆきさん、

明楽さんは札幌倫理法人会の会長さんです。


5代前のご先祖が近江商人で千石船の船主であった事に由来して、

現代版北前船プロジェクトを、2010年に創設され活動されていらっしゃいます。

全国の神社や、お寺能楽堂などでも公演されています。


北前船が、日本の産業に大きく貢献したことを、改めて教えていただきました。

主に大阪と北海道を船で大量に物を運び、帰りの船にはその土地のものを積み販売・・

日本全国、北海道から鹿児島まで、縦横無尽に船で商いをし、文化を興している・・

経済の動脈と言われています。ご先祖の足跡を訪ね、

今に活かす活動をされていらっしゃいます。


優しく明瞭な言葉とお声。

演奏に、お話に引き込まれ、心清らかになる、素敵な時間でした。


演奏の後、大勢の経営者たちが、好奇心旺盛な子どものように

チェンバロの周りを取り囲み、明楽さんに質問ぜめ。

初めてのものを見たり聴いたりするって、ワクワクすることですね!


そして大きなチェンバロを、

北海道から関西までどうやって運んで来たのかしら?

チェンバロを車に乗せご自分で運転され、フェリーで関西まで移動。

また車を運転して移動されているとの事。

強い精神力と、体力が必要かと思いますが、

にこやかに、笑顔でお話しされていらっしゃいました。

「音楽の力」を感じたひとときでした。


今宵は、皆既月食が観測できるようです。

夜8時過ぎから、夜空に赤い月が浮かぶとの事。

テレビでは世紀の天体ショーと!


みなさん

今日も心弾む嬉しい1日でありますように!



村山順子

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示