故郷は花の島!

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。

冬らしい寒い日が続いています。

今の時期、ごく普通の寒さなのでしょうが、

暖かさに慣れた身体は、ひときわ寒く感じます。


年末が近づいてきました。

故郷、沖永良部島は別名「花の島」というくらい花の栽培が盛んです。

毎年、年末近くになると、沖永良部島に住んでいた真ん中の妹が、

沢山の花を送ってくれました。

お歳暮にも送ってもらう事もありました。


妹の友達夫婦は、出荷するグラジオラスを作っていて、

出荷できない少し曲がったものなどを、

妹の所に大量に持って来てくれるとのことで、百合の花や菊と

一緒に事務所宛に送ってくれていました。

事務所に届くその花を、スタッフや、ご近所の会社に

分けて差し上げていました。


今年1月末に亡くなった妹。

この12月に、妹からの花は届きません。

いつも、年中行事のように思っていた 妹からの故郷の花!

今年は、妹のいない事を実感する胸の痛くなる年末になります。


昨日、スタッフの賄いのために 大量のおでんを作りながら、

妹の事、そして田舎の花を思い出しました。


年末の年中行事が、何時もの年のようにできるということは

本当に幸せな事ですね。


話は変わりますが

今、神戸では、阪神淡路大震災の鎮魂の願いで始まったルミナリエが開かれています。

神戸市中央区の旧外国人居留地および東遊園地までの間が、

色とりどりのイルミネーションで彩られています。


24回目の今年は、過去最高の51万個のLED電球が使われているそうです。

観に来られませんか!(車は規制があります。12月16日日まで開かれています。)


今週もお元気で ステキな1週間でありますように!



村山順子

閲覧数:1回0件のコメント