母との時間!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。


昨日も書きましたが、一昨日、鹿児島経由で宮崎の母に会いたくて出かけました。

雨の中、義妹と沖永良部島から移したお墓にお参りをし、

その後、母のいるケアハウスに行きました。


母は、私の来るのを待っていたようで、笑顔で「順子来たの!」と、

迎えてくれました。

義妹は母の大好きな細川たかしさんの「矢切の渡し」をはじめ

昭和の歌謡曲と童謡のCDとラジカセを持って来てくれていました。


早速「矢切の渡し」を流すと、前奏や間奏に合わせて動かせる左手で

炉を漕ぐ真似をし、大きな声で歌い続けました。

その曲ばかりをリピートし、上機嫌の母でした。

「矢切の渡し」を何回か歌った後、

母の日に私が書いて送った「母への感謝状」を声に出して読みました。

母は、満面の笑顔で聴いていました。

そして母に持ってきた「人生を変えた10行の手紙」の母の登場するページを

声を出して読みました。

みるみる 母の目から涙が溢れ、やがて声を上げて泣いていました。

私も読みながら胸がつまり泣きながら読みました。

目は見えなくなりましたが、残された耳はしっかり聞こえます。

母の手を握りさすりながら、後何回、何10回、母の顔を撫で手を握る事が

出来るだろう?

後どのくらい母の「矢切の渡し」が聴けるだろうか?

そんな事がよぎりましたが、母との今、この時間を大切に過ごそう!

と心を切り替え、一緒に矢切の渡しを歌いました。

母の歌う姿や、母とのツーショットを何枚も写し、

妹たちや、娘にラインで送りました。

岐阜の妹から「姉ちゃん、お母さんとよく似てるね」と。


来るときは良いのですが、母の部屋から出るときは

後ろ髪引かれる思いです。

母に「また来るね。元気でいてね」と話し部屋を後にしました。


今週もありがとうございました。

素敵な週末をお過ごしくださいますよう!


村山順子

閲覧数:0回0件のコメント