母の91歳の誕生日!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

みなさん、ご両親様はお元気でいらっしゃいますか?


父は20年近く前に亡くなりました。

母は、3年前から宮崎のケアハウスにお世話になっています。

11月25日、母は91歳を迎えました。(母は18歳時、私を生んでくれました)


母の主治医は弟です。

誕生日の25日は、訪問診療日でした。

弟からラインで、母の写真が届きました。


写真の母は穏やかで優しい笑顔の母でした。


寝たきり・・母はどんな思いで日々暮らしているのだろうか?と。

母の心の内を訪ねると、嬉しい答えは返ってきそうにない・・のですが、

穏やかな優しい笑顔の母の写真を見て・・・弟に感謝の気持ちでいっぱいです。

最愛の1人息子に診て貰い、また弟も母を診る事ができて、それをみせてもらう

3人の姉たちも、幸せな気持ちになります。


弟は4人姉妹の5人目に、1人息子として生まれました。

生まれた時から周囲の人に、医者をしていた祖父の後を継ぎ

医者になる事を期待されていました。

「海洋学を勉強したい!」と思っていた弟ですが、結局両親や周りの人たちの

願いに応えて医者に。

弟は医者への道を応援してくれた両親や、周りの人達に感謝しています。


時に困難にぶつかる事があります。

そんな時、「母ならどうするかな?」を思うと、直ぐに答えが出ます。

そしてやり遂げる事ができます。

生き方を、両親の背中が教えてくれました。


私は、子どもたちにどんな背中を見せられているのだろうか?


ただ有難いのは、4人の子どもたちは、父親(亡き夫)の背中を見て育ちました。

(長男は大学4回生、末っ子は高校1年生でした)

子どもたちの生き方に、亡き父親の姿が重なる事がよくあります。


あっ!話がそれてしまいました。

母の誕生日の想いを書いていましたのに!


11月最終の週末です。

どうぞ、マスク、消毒など万全にされながら、

心はのびやかに!明るく!

素敵な週末をお過ごし下さいますよう!


今週もお読み下さりありがとうございました。



村山順子

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示