• 村山順子

毎日、奥さんの話を聴く!

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。

みなさん 突然の質問ですが、奥様の話をしっかり聴いていらっしゃいますか?

(シングルの方、ごめんなさいネ)

ドキッとされた方も多いのではないでしょうか?


毎週火曜日朝6時半、神戸ポートピアホテルで経営者の勉強会、

モーニングセミナーに参加し、毎回素晴らしい経営者の実践されてきた事を

失敗談を交えながら本音で話してくださり、多くの事を学ばせていただいています。

18日は淡路の倫理法人会の41歳の会長の講話でした。


とても率直でユーモアを交えたわかりやすい内容でした。

地域の役職も兼任され、PTAの会長も。

90歳過ぎの曽祖父毋との暮らしを大切にされ、1人息子への接し方も、

曽祖父母との関わりも温かく、素敵なお父さん!PTA会長!だと思いました。


また、お気に入りの写真を資料に入れていました。

それは、毎年家で餅つきをされていて、

ひいばあちゃん(曽祖毋)が 小学校低学年のひ孫に、

お餅の餡子の入れ方を教えている微笑ましい写真でした。

その写真が1番好きと言われる会長の温かさ、大事にされている考え方が

伝わる写真でした。

日本の古き良き時代の、大家族の原風景を見る思いでした。

心豊かなお子さんに育つだろうな~ って嬉しくなりました。


会社では、始業1時間前に出勤、1人でトイレの掃除、床を拭く事を続けていると、

やがて皆が掃除場所を競いながら掃除するようになったとの事。

まずは自分から!との事でした。


1番心に残ったことは、

「毎日15分、奥様と向かい合いながら話をしっかり聴く」という実践を続けられている事でした。

聞き流すのではなく、「フンフン」と聴いたふりをするのではなく、しっかり聴く事を続けているそうです。


その結果、色々な出来事に対して奥様の応援が得られるようになったと話されていました。

女性は、「ただ聴いてほしい!分かってほしい!愚痴を聴いてほしい!」というようなことが多いと思います。

相手に結論を出してほしいとかではなく、話しているうちに、自分で気づいたりします。

ただ、無防備で安心して話せる人がいる!聴いてもらえる人がいる!いう安心感が嬉しいのです。

(私もかって そうでした)

しっかり実践されている会長の話は、特に女性経営者が共感、賞賛!


1番身近な奥様との関係が深く強くなっていたと。

またお話の中から 奥様のご両親との関係も、温かく遠慮のない関係とのことが窺えました。

彼の実践力に多くの事を学んだ1時間でした。


そして、日々の暮らしの中に、幸せの種があるのだと改めて思いました。

それに気づき、日々育てているか、いないかの違いで

人生が大きく変わるのだと、実感させられました。


みなさんは

身近な方(奥様、ご主人様、子どもたち)の話・・を聴いていらっしゃいますか。

もしそうでなければ、15分でなくとも、たとえ5分でも、しっかり聴いてくれると伝わると思います。

小さいお子さんがいらしたら、

「お母さん」て呼ばれたら、まず手を止めて、

目を見て聴いてあげてほしいと思います。

かっての自分を振り返り、自戒を込めて書かせて頂きました。


今日もお元気で、素敵な1日お過ごしくださいますよう!



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube