相手を信じきる! 想い合うお二人に感動しました。


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


昨日は雨の1日でしたが、いかがお過ごしでしたでしょうか。

嬉しい事がありました。

先日のメルマガで、

『「ただ あなたがいるだけで」の詩の作者・・どなたか分かりませんが・・』と、

書きました。


昨日、このメルマガをお読みくださっている姫路市に本社のある、

大手A建築会社のA社長からメールを頂きました。

『あの詩は“相田みつをさんの詩“」ということを教えて頂きました。

相田みつをさんの詩だと分かると、「ただ あなたが いるだけで」の詩が、

懐かしさと優しさで、心に迫ってきます。

教えて下さったA社長、ありがとうございました。


話は変わりますが、

昨日、家事をしながらNHKテレビ「プロフェッショナル仕事の流儀」を

見ていました。

お笑いコンビの“サンドウィッチマン”密着取材の映像でした。


お二人は出身地、高校も一緒、同級生、ラグビー部でも一緒で親友。

伊達さんの家は曾祖父、祖父と東大出身、従兄弟たちも東大。

勉強が得意でない伊達さんは引け目を感じていたそうです。

高校卒業後銀行員に。


台本を書いている富澤さんは、お笑いがしたくて、

コンビには伊達さんしかいない!と、伊達さん宅に行ってお父さんに土下座して頼むが

なかなか許しが出ない・・数年して銀行を辞めてコンビを組み東京へ。

2人でアパートに一緒に住みながらチャンスを掴もうと・・・

苦節の時期が長く、アルバイトに明け暮れ、そのお金で自分たちが出るライブのチケットを自分で買って、それを売りながら、ライブを続けていたそうです。借金をしながらも。


コントを書く富澤さんが、布団から抜け出せないほど、落ち込んでしまい、

“無理言ってコンビを組んだ伊達さんに悪いと思い、「辞めよう」と、

伊達さんに話したそうです。 伊達さんの答えは、「あと1年、30歳になるまで必死で頑張ろう!」と。

その時、伊達さんは、“このままでは富澤さんが自殺するのではないか”と思ったそうです。

富澤さんは、伊達さんの口から「あと一年頑張ってみよう!」と、言われたことで、

心が奮い立ち、やがてM1グランプリを敗者復活戦から立ち上がり、優勝したとの事。


お互いを信頼しあっている事が手に取るように伝わり、感動しました。

他のコンビを組んでいるお笑いの人や、芸能界の方々が、お二人の人柄を絶賛。

どこで見る顔も、見せる顔も一緒との事でした。


ご自分たちの裁量で出演者を選べる時は、

よく頑張っている後輩たちを、会社を越えて声を掛けて

番組に出て貰い、皆さんに知っていただく機会を与えていらっしゃるようです。


10年前の東日本大震災の時、ロケで気仙沼市にいたサンドウィッチマンのお二人は、

高台に非難し助かったのですが、

「津波を目の当たりにして、宮城県という我々の地元で、俺らは生かされた」と

使命感を持ち、毎月のように被災地に通っているそうです。

2人で1つ。2人での仕事をする。

信頼し尊敬しあっているお二人は

見ていても自然体で、とても素敵な方々でした。


プライベートでも仲が良く、家族ぐるみで仲が良いとの事。

素敵なサンドウィッチマンの方々でした。

(この部分はテレビではなく、他の記事で見ました)


武者小路実篤の

「仲良きことは美しきかな」を思い出すお二人でした。


多くの方々は、明日からゴールデンウイークかと思います。

しっかり気をつけながら、

素敵なお休みをお過ごし下さいますよう! 


今週もお読み下さり、ありがとうございました。



村山順子

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示