• 村山順子

素晴らしい先人たち!


おはようございます!

雨の週末、いかがお過ごしでしたでしょうか。


土曜日、神戸市西区の学園都市周辺の大学(流通大学、兵庫県立大学、神戸市看護大学)の

共同企画の公開講座がありました。

どうしても聞いてみたい講座があり、出かけました。

階段状の200名以上入る広い講義室に、40名ほどの年配の男女の受講者。


講座名は『新・ひょうご学15・・地域の景観と歴史・・』 企画・流通科学大学

受講講座は、

『異色の外交家・高碕達之助と兵庫県人たち・・・中部幾次郎、白洲次郎、笹部新太郎』を

聴きに行きました。

恥ずかしいですが、初めて聞くお名前の方も・・ 気骨のある先人たち。

書き尽くせませんが、

その中のお一人、高碕達之助氏(1885年~1964年)のエピソードで

感動した事を少し書かせて頂きます。

水産資源の活用に日本の発展を見出し、生涯水産に関わる事を決意、

経済界で活躍、衆議院議員、建設相、通産相、経済界企画庁長官等々歴任。


庄川の御母衣ダム建設で、ダム底に沈む荘川村の寺にあった桜の老木を

移植する事を発案し、見事根付かせ荘川桜と名づけられた・・・

今も桜の頃になると、咲いているとの事。

達之助自身も、この出来事を「生涯の思い出」と話していたそうです。

自然を愛した高碕達之助の、優しさが伝わるエピソード。

亡くなった時には、

親交の深かった周恩来は「このような人物は二度と現れまい」と言う

最大級の賛辞を哀悼の言葉として贈った」と、案内文に載っていました。


気骨のある、それでいて心優しい方々が、

今の社会にもいて欲しい!・・と思いました。


私自身、“73年生きてきたけれど、何と知らない事が多い事か!”と。

もっと学びたい!と思う講義でした。


話は変わりますが、

リーフレットに書かれていた高碕記念館のご紹介を。


宝塚市雲雀丘にある、

公益財団法人 東洋食品研究所『高碕記念館』。

庭園には四季折々の様々な花が咲き誇っているそうです。

建物は、国登録有形文化財に指定。

庭園は無料開放されているとの事。

庭園公開 10時~16時

休館日 月曜日


行ってみたい高碕記念館の庭園です。

館内は予約すれば見せて頂けるようです。

(072)740ー3500


話は変わりますが、

17日から、あべのハルカス美術館で「グランマ・モーゼス展」が

開かれています。

本物を観るのは初めて! 

コロナの状態を見ながら!

楽しみです!


みなさん、笑顔溢れる1日で

ありますように!



村山順子

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示