• 村山順子

2020/5/25 託す人を先に!

最終更新: 5月27日



おはようございます! 今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。 今日は北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉も、緊急事態宣言が解除されるのでしょうか? コロナ・ウィルスの完全な収束は難しく、「ウィズコロナ」 気をつけながら共生していくことになるようです。 私どもの仕事・・家事代行サービスも、気をつけながら、そろりそろりと再開しています。 あなたは、Facebookされていらっしゃいますか? 私はあまり投稿する事は無く、知っている方のFacebookが目にとまるとコメントだけしていました。 ただ、コロナ・ウィルスで緊急事態宣言後は 殆どFacebookを開く事はありませんでした。 ところが先日、親友から電話がありました。 「7日間Facebookに、自分の好きな本の表紙の写真と、簡単な紹介文を書いて投稿するというリレーが、 友人から回ってきて今書いているけど、次は村山さんどうかしら?」と。 私はそういう事が流行っているとも知りませんでしたが、親友からの紹介でしたので、 即バトンを受け継ぐことにしました。 そして1番に考えた事は、次のバトンをどなたに渡すか・・・という事でした。 次の方が決まっていると、私は軽やかに行動できるタイプです。 どなたが良いかな? 本のお好きなかたは・・・ アッと!閃きました。 鳥取市のHさんです。 同じ年齢のHさんとの出会いは、 今は亡き石川洋先生の神戸での講演会でした。 Hさんも鳥取市から参加されていて、名刺交換をしました。 お互いの事を話す機会がありました。 私が「手紙のセミナーを47都道府県で!」と誓っていることを話すと、 「鳥取市でしましょう!」と、言って下さいました。 程なくH氏の会社のセミナールームに、 多くの方を集め手紙のセミナーを開いて下さったH氏! ご恩のある方です。 H氏は、昨秋から今年初めにかけて入院中で、お見舞いに伺いました。 ずっと本を読んでいらっしゃいました。 その事を思い出し、直ぐに電話をしました。 H氏が次のバトンを快く引き受けて下さることになりました。 これで安心して書ける!と、22日金曜日から書き始めています。 自分自身を振り返ると、何か新しい事を引き受ける時は、 次に託す方をいつも念頭に置いて動いています。 自分だけの事なら 「走りながら考え、また走る」のですが、「次の方へのバトン!」となると次の方が決まっていると、 安心して心軽やかに取り組む事ができます。 おおざっぱな面も多々ありますが、結構慎重派?心配症? 先にゴールを設定しないと安心して走れない癖があります。 今年の目標の一つに 「のびのびと心軽やかに!ねばならない!を外して」があります。 心のままに、自然体でと思う年齢になりました。 5月、最終週の週初めです。 お読みくださりありがとうございました。

今日も嬉しい1日でありますように! 村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube