• 村山順子

記念日に手紙を! そして 素敵な週末を!

お早うございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。

春は選抜野球から・・・と言われるように、甲子園球場では

連日熱戦が繰り広げられています。

ハツラツとした全力プレー!

観ていて嬉しくなります。みんな みんなガンバレ!


話は変わりますが、

みなさんは結婚記念日や、誕生日に奥様に花束を贈りますか?

昨日、お話を聴かせて頂いた72歳の経営者。

一目惚れしてやっと結婚にこぎ着けたその方は、結婚する時、

奥様との約束が色々あったそうです。

その一つが「誕生日、結婚記念日に必ず花束を贈る!」という約束だったそうです。

結婚以来43年間、その約束をずっと守っているそうです。

ほかの約束も、女性の私からみても ハードルの高い約束のように思えました。

いくつかのその約束も守り続けていられる72歳の経営者。

その方ももちろん素晴らしいのですが、ハードルの高いと思えるような約束を、

43年間守り通したくなるような素敵な奥様なのだとも、思わせて頂きました。

一方だけが素晴らしいのではなく、相手も素晴らしいから守り通せるのだと。

お逢いしたいなぁ!と思う奥様です!


私は、亡き夫から誕生日や、結婚記念日に花束をもらったことはありませんが・・

あっ! 一度だけありました!

いつも ほんのちょっとしたプレゼント・・(本とか、小物)と一緒に

必ず手紙を書いてくれていました。

その手紙たちは、夫を見送り22年経った今でも

私に喜びや、勇気を送り続けてくれています。


手紙を書いたことがないという方も、

今年のパートナーの誕生日には、またお互いの結婚記念日には、

短くても良いので、手書きの手紙(メッセージカードなど)をプレゼントに添えて

贈ってみませんか。心に残る素敵な記念日になると思います。


初めての事を、始めるのには勇気が要ると思いますが、

お互いに『いつ終わるかも知れない 限りある命』です!

感謝の気持ち、詫びる気持ちを、

勇気を出して書いてみましょう!


喜びを素直に言葉や、態度に出せない人も居るかと思います。

ですが、必ずその気持ちは届いています。

面と向かっては照れ臭くて言いにくいことも、手紙だと素直に書けます。

優しく温かく届きます。

私にとっては、手紙が1番嬉しい贈り物でした。


みなさん、子どもさんや、お孫さんの 入学、就職のお祝いにも

手書きの手紙を書いてみませんか!

生涯の宝物、励ましになります。


子どもたちは春休み、家族旅行や故郷に行かれる方も

多いかと思います。

また今日は、道府県議選、政令市議選告示の日です。

選挙に出られる方、またご家族、支援者の皆様の

志が叶いますよう、お祈り申し上げます。


どうぞ 有意義な週末をお過ごしくださいますよう!



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube