• 村山順子

諦めないことと、こだわりを捨てること

最終更新: 8月13日

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。


みなさんは、仕事の中で好きと、苦手がありますか?

私は好きな事は喜んで、あっと言う間にさせて頂けます!

ところが、最近は苦手な事には、なかなか心が開かなくて、

理解できにくなっています。

”心が先”と教えて頂きますが、

まさに、その通りだと実感しています。


元々は、会社設立も、様々な手続きなども、段取りを考え無駄のない動きで、

割合、楽々と出来ていました。

そして“結構私って、できるやん!“と思っていました。(自己評価過大で恥ずかしい限りです)

ただ数字を伴う書類は苦手です。


にも関わらず、ある書類の申請を自ら買って出ました。

会社では「煩雑だから無理だと思う。無駄な時間を使うことになる」と、反対されました。

そう言われると、俄然ファイトが湧いてきて“やってみよう!”と取り組みました・・

が、私にとって思っている以上に大変でした。


一応相談窓口で予約をしていましたので、予約取り消しのつもりで電話すると、

「折角予約しているので、まずは来てください」」との事で伺いました。

丁寧な説明を受けて、その場では“あっできそうかも!“と思って帰りました。


いざ書類を読み、取り掛かると・・難しいのです!

得手な方にとっては何ということもないのでしょうが、

初めてみる書類。出てくる名称、内容に、行きつ戻りつ。

しっかり理解出来ないことが悔しくて・・・こんな気持ちになったのは

多分、初めてのことです。


そして思いました。

限りある人生の大切な時間!

“なぜできないのか!“等と、出来ないことに、

心を曇らせるなんて勿体ない!と、思いました。


私の信条の一つに「出来ないのではない!どうしたらできるかを考え、

やってやってやり抜く」があります。


それは、心が湧き立つ嬉しい目標に向かって行く時にこそ

そう思って行動できたのだと気付きました。


もう一度だけやってみてダメならきっぱり諦めます。


「捨てる」事を教えて頂きます。

私にとって、まさに今回の事も「捨てる」実践なのかとも。


覚えている限り、途中で止めるのは、はじめてです。

やっぱり悔しいなぁ!


昨日は「これで、よし」と書いたのにね!

恥ずかしいです。


「これで、よし!」を自分に言い聞かせています。

週末に恥ずかしい事を書いてしまいました。


近場の旅行は大丈夫のようですね。

地域の経済を回すためにも、車で地元再発見の

ミニ旅行なども良いですね。


素敵な週末をお過ごし下さいますよう!



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube