• 村山順子

額に飾っておきたいような手紙!

おはようございます!

今朝も笑顔満開 お元気で朝をお迎えの事と存じます。

皆さまのお住いの地域は開花宣言が出ました?

神戸は明日27日が、開花予定だそうです。

三寒四温の日が続いています。


話は変わりますが、

昨日、美しいお手紙を頂きました。

「額に入れて飾っておきたいような手紙」でした。

手紙を下さった方は、

3月17日、神戸の手紙のセミナーに、

三重県から参加された女性でした。


当日、書かれたアンケートも、きちんと整った美しい文字でした。

頂いた手紙は、文字が揃い、行間も空いていて読み易く、美しい文字の手紙でした。

このまま「額に入れて飾りたい!」と思いました。

そして、同じことがあったなぁ~と、

すぐに思い出したことがあります。


それは、ある出版社の当時専務さんだったYさんから

ハガキやお手紙を頂き、その字を見て感動していた事を思い出しました。

字がとても美しく、形が整っていて、

額に入れて眺めておきたいような字でした。

“真似たい!“  と思い、意識してY副社長の字を真似ていました。

暫くは続いたのですが、書きたい想いに字が追いつかず、

いつの間にか、また元の自分流の字に戻ってしまいました。


文字が乱れて来た時、思い出し軌道修正していました。

私の憧れの女性!Y副社長の事を思い出しました。


手紙のセミナーの時も皆さんにお伝えしている事。

字の上手、下手ではなく、丁寧に心を込めて書きましょう!と。

初心に戻り、短い手紙を、丁寧に書くことに致します。

「額に飾りたくなるような手紙」 を意識します。


今日は「ひょうごクリエティブビジネスグランプリ」の発表日です。

私も 審査員の末席に名を連ねさせて頂きます

どの会社が最優秀賞に選ばれるのか、楽しみです。


みなさん、今日も明るく楽しい一日でありますよう!



村山 順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube