• 村山順子

高齢の叔母が電話に出ない!

最終更新: 8月13日

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。


昨日、1人暮らしの85歳の叔母(母の妹)から電話。運転中で取れなくて、

その後、何度電話をしても話し中。

心臓の持病もあり、どうしたのかと気になって仕方がありません。

預かっている叔母宅の鍵を取りに、出先から戻り急ぎ叔母の家へ。


チャイムを鳴らしても、出てくる気配がありません。

鍵を開けようとしていると、叔母の声が聴こえます。

「うぁ!おばちゃん、良かった~、おばちゃんの電話がずっと話し中になっていて、

何があったのかと心配して来たんよ!」と。


最近持った、携帯電話の操作ミスだったらしく

叔母はけろりとしています。

ドキドキしながらきたけど、何事も無くて本当に良かった~


子どものいない叔母のことは、私と三田市にいる妹で、

力を合わせてさせてもらっています。


10人兄弟の中で今、生きているのは母を含め女性4人。

中でも叔母のことは、私たち兄弟みんな大好きです。


叔母は経済的には他の叔母たちのようには、恵まれていませんが、

その分、人の心が分かり優しいのです。

いつも叔母の周りには、人が集まっています。

2年前、叔父を見送り1人暮らしになっても、

慣れた環境で暮らせる事を毎日感謝して

暮らしています。


いつも「貴方達のお陰やわ!ありがとう!」と言ってくれます。

私たちは「おばちゃん、そんな事は当たり前のことやん。気にしなくて良いよ!」と。


愚痴や人の悪口を言わない叔母と話すのは、とても気持ちが良いです。

これから益々、1人暮らしの高齢者が増えます。

生まれてきた以上全ての人が、命のゴールを迎えます。


心安らかに老後が暮らせるように、

まずは身内の寄り添いが大切かな・・と、思います。


そして足りない分は、公的な支援をお願いして。

今、叔母は少しだけ介護サービスを受けながら、ほぼ自立して暮らしています。

去年、股関節を手術。その後も1人暮らしができるように!と、

リハビリを頑張り、今、自宅で暮らしています。


東京にいる94歳の叔母(父の妹)も、母の妹の叔母も、

共通点は、いつも感謝している事。


人の悪口や、愚痴は殆ど聞いたことはなく、

「ありがとう!ありがとう!有難いね!」を聞くことが1番多いです。


私も毎日を感謝で過ごせる、

そんな愛される高齢者に、なりたいです!

2人もモデルがいるので、目指します!


今日も良い日でありますように!



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube