2018年1月31日 「縁を大事にしてください」


おはようございます!

今朝も笑顔満開、上機嫌で朝をお迎えでしょうか。


寒いのは冬だから当たり前!と思っていても、やはり冷たいです。

北陸では水道管が凍結で破裂し断水との事。

一刻も早く、水道の蛇口からいつものように水が出ますようにと、祈ります。


表題「縁を大事にしてください」は、21年前出張中、52歳で急逝した夫が、アメリカの大学に

留学する次男に宛てた手紙の中の言葉です。


「人生は人と人の出逢いだと思います。縁を大事にしてください。誠心誠意で対していけば自ずと道は開けます。

“己に負けない事、妥協しないこと”それぐらいの強い気持ちで逆境を跳ね返すよう、苦労した人ほど人間が大きくなります」


この言葉は、次男のみならず、私たち家族への応援メッセージでもあります。

亡き夫が今の私たちを見てなんと言ってくれるだろうか?

夫の願いに生きている私たちだろうか?

時に立ち止まり自問自答しています。


明日は川崎市の素敵な美容室で、手紙のセミナーを開いてくださるとの事で出かけます。

また後日改めて今回の「ご縁」のきっかけについて書かせて頂きますね。


今日は一月の最終日、近所の氏神様にお礼に伺います。

みなさん、喜びいっぱいの一日でありますように!



村山順子

閲覧数:0回0件のコメント