2018年2月21日 目的があります!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

数日暖かい日が続いています。

こうして三寒四温を繰り返しながら、春になって行くのでしょうね。


2011年3月11日に発生した東日本大震災からもうすぐ7年になります。

それを支援するボランティアで、いち早く大阪の天王寺で、鍵山秀三郎先生、

カリスマ教師の原田隆史先生、その他の先生が一堂に会し大講演会を開いて下さいました。


その事を滋賀県の株式会社クオリティーライフの能登清文社長からお聞きし

わたしもすぐに申し込み参加。感動の講演会でした。

その時、原田隆史先生の「成功の教科書」を購入し読みました。

素晴らしい成功へのメソッドを構築され、誰でも手順を踏んで実践すれば成功するという内容で、感動しました。

ですが、その事をきちんと実行はできていませんでした。

今回ある事がきっかけで、もう一度原田先生の本を紐解き、ただ今勉強中です。


多くの方が人生の目的をお持ちかと思います。

それを成功に導くためには、いくつもの小さな階段を用意し

日々小さな成功体験を積み重ねていく事を原田先生は教えてくれます。


私の目的はライフワークの「手紙」を日本全国に広めることです。


「誰でも書ける手紙!」「あなたしか書けない手紙」を勧めています。

人間関係をより温かく深く結び、もつれた人間関係も繋ぎ直す事ができる手紙を

全国に広めたいと14年前からコツコツと続けています。

ですがもっと多くの方に手紙の素晴らしをお伝えしたいと、思っています。

70歳を過ぎ、元気に行動できる時間がどれだけあるのかを思う時、のんびり待っているのではなく、

精一杯の自分にできる限りの努力をしよう!と思いました。

その一つが本の出版です。

本当に遅くなりましたが「人生を変えた10行の手紙」は3月半ばに出版。

何度も書き直し遅くなってしまいました。


私の事を全く知らない方々が、話を聞いてみようって思うだろうか?

ある程度の予備知識や、「手紙の人」って知ってもらっていたら聞いていただけるのではと思いました。

一度聞いて頂けたら、手紙の素晴らしさを共感して頂け、書いてみようかな!って思ってもらえると思います。


話を戻すと、原田先生の成功方法の中に、

オープンウィンドウ64というものがあります。


一番中心となる真ん中のマスに達成したい目標を書き込み、

その周りの8つのマスにそれを達成するために8つのテーマを書き込んでいきます。

それぞれ8つテーマにさらに具体的な行動を8つ書いていくというもの。


私も目的達成のために書いてみました。

中心は、大切な人に手紙を書く人を全国に広める。


その周りの8つのテーマは、

・話し方をよくする

・手紙についてもっと学ぶ

・1回1回の講演、セミナーをもっと丁寧に大事にする

・見た目をよくする

・・・などです。

それぞれのテーマに具体的な行動を8つ書き、全部で64個の具体的行動を書きました。


こんな事を考えるって、思ってもみなかったことですが、

それだけ手紙の大切さをお伝えしたい気持ちが、年々強くなっています。


今日はこれから島根県浜田市での講演にまいります。

手紙の大切さもお伝えしてまいります。


みなさんに 今日も、いい事がありますように!



村山順子

閲覧数:0回0件のコメント