2021年10月19日 ただ、ただ お陰さまです!素直に行動しただけですが・・・


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


爽やかな秋の日が続いています。

青空に白い雲。穏やかな海に陽の光!

また樹々は、刻一刻と色づいています。

美しい日本の秋!


今朝はいつも以上に長くなりますが、いつか、ひとつながりのこの出来事を書きたい・・と思っていました。


お陰さまで、その時々で良い方々にお出会いしています。

そして、言って下さる事に対して、素直にそのまま行動してきた事が、一つの夢、願いの実現に繋がっています。


昨夜、母校の同窓会の事務長にお電話する事がありました。

お話ししながら、出会いの頃の話になりました。

事務長とのお出会いなくして、今も続けさせて頂いている母校での講義はあり得ません。


2011年3月。

四十数年ぶりに母校に行くことになったのは・・

ある方の、強いお勧めがあったからです。


私は2008年5月から週に一度、経営者の朝の勉強会(モーニングセミナー)で学んでいます。

現在は、講師の方に相談(倫理指導)させて頂くのに事前の予約が必要ですが、当時(2011年3月)は今より人数も少なく、自由にご相談できていました。

そんな時、突然担当者から「村山さん、講師のお帰りまでまだ時間があるから、何か相談して下さい!」と言われました。

まず「ハイ」と素直に受けてやってみる!ことを学んでいます。

「ハイ」と講師の前に出たのですが、今私に特別な問題事はないと思っていました。

ですが、突然の事。

心の奥底に封印していた事が言葉となって、飛び出していました。

自分でも予想外の事でした。


実は当時、1年おきに3回、教授のご依頼で、兵庫県立大学の女子学生4名をインターンシップで一週間、預からせて頂いていました。

一週間後、インターンシップが終わる頃には、学生たちの表情、態度、言葉遣いが、来た時とは別人と思うほどいきいき!見事に変わっていました!

それは3回とも同じでした。


学生たちが変わるのを、育つのを目の当たりにし、昔、小学校の教師をしていた時の喜びが、ふつふつとよみがえってきました。

「母校で後輩たちに伝えたい!何かお役に立てるかもしれない!」と思いました。

ですが、特別な資格を持っていない私。

そんな事を思うのは「不遜な事」と、心に封印していました。

「母校で後輩たちに伝えたい」は、願望、夢でした!


その封印が、担当者の突然の「何か質問でも相談でもしてください」のお言葉によって図らずも解かれ、思わずこんな事を申し上げていました。

「Y先生、母校で後輩たちに伝えたい事があります。

何の資格もない私が、そのような事を思うのは不遜な事でしょうか?」と。

するとY先生は、「村山さん、すぐ母校に行きなさい!すぐですよ。自分の書いた本があるでしょう!取り上げてもらった本も、新聞、雑誌もみんな持って、すぐに行きなさい!」と強く勧めて下さいました。

お聴きした以上、「素直に実践する事」を学んでいます。

行くしかありません。


翌日、四十数年ぶりに、いわば自分の売り込みに伺う・・

とてもとても、今までの私にはできませんでした。

ですが「すぐに行きなさい」と、講師から強く勧めて頂いています。

勇気を振り絞って同窓会館を訪ねました。

その当時のことは10年以上経った今でも、昨日の事のように覚えています。

事務長は、私の話をよく聴いて下さいました。

「村山さん、お預かりしましょう!ですが、返事は遅くなると思います」と。


ところが、一週間もしないうちに教務課から連絡。

「来年の2月に同窓会の提供講座として講義をお願いします!」との事でした。

春休み、カリキュラムが決まる直前だったから、すぐに決まったようです。


「すぐに行きなさい!すぐですよ!」と頂いたお言葉の通り、素直に行動したお陰さまで、今の母校での講義に繋がっています。

提供講座を2回させて頂いた後、キャリアセンターで単位の取れる全学共通講座に変わりました。

事務長が推薦してくださったとの事を、後で知りました。

大勢の同窓生が私のように訪ねて来るそうですが、“何故か私の話に心が惹かれた・・“と。

これもずっと後になって、話して下さいました。


モーニングセミナーの担当者の声掛けを断っていたら、

講師に素直にお尋ねしていなければ、

すぐ行きなさい!を実行していなければ、

事務長にお会いできていなければ、

推薦して頂けなければ、

夢を実現することはできませんでした。

すべて、言って下さる事に全力で、ただ素直に行動しただけです。

結果など一切考えずに。


10年前、私に「講師に何か聞いてください」と勧めてくれた担当者のMさん!

彼の事は講演でも、恩人のお一人として話す事があります。

Mさんの一言が、すべてのきっかけに繋がりました。


振り返ってみる時、ただただ、出会いのお陰さま!

感謝しかありません。


今も母校での講義が近くなると、「行きなさい!すぐですよ!」と強く背中を押して下さった、神奈川県大和市のY先生にご報告させていただき、母校に伺っています。


そんな事を思い出す昨晩でした。

秋の夜長、時にはお世話になった方を思い出し、お手紙を書くのも良いですね。


今日も笑顔溢れる素敵な一日をお過ごし下さいますよう!



村山順子

閲覧数:1回0件のコメント