2021年11月10日 「人生は人と人の出会いだと思う」~亡き夫の手紙から~

更新日:2021年11月11日


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


秋の夜長、何度も読み返している大事な手紙。

また読みたくなりました。

懐かしい夫の文字が、沢山出てきます。


中でも、次男が高校卒業後すぐにアメリカ留学に行く直前、出張先のホテルから次男に宛てて書いた手紙・・夫らしい手紙が出てきました。

(もともとその手紙の存在を私は知りませんでしたが、私が手紙のセミナーを開いている事を知った次男が、そのコピーを送ってくれました)


その手紙には息子を思う父親の気持ちが、溢れんばかりに込められていました。

「アメリカでは多くの友人が圭介を待っています。何億人という多くの人の中から数人、数十人、数百人、縁を大事にしてください。人生は人と人の出会いだと思います。誠心誠意で対していけば自ずと道が開けます」

「“己に負けないこと、妥協しないこと”それくらいの強い気持ちで逆境をはね返すよう!苦労したほど人間が大きくなります」

「圭介の志望する経営学、しっかり学びマスターして下さい。父さんも圭介と話し合える日を楽しみにしています」

最後に「みんなが応援しています。フレ~フレ~圭介!言い尽くせない気持ちでいっぱいです。・・・・父さんの分も頑張れ!(これは夫から聞いた話ですが、夫自身も学生時代留学したかったそうです) 父さん、母さんも神戸で頑張ります!」


読んでいると夫の、次男を思う気持ち、また次男の姿を見届けられなかった無念さを思います。  

尊敬する夫であり、父親でした。

銀婚式を迎える前に逝ってしまいましたが、夫の生き方、考え方は、ずっと私たち家族の「生き方の芯」になっています。


話はガラリと変わりますが、年賀状の季節を迎えています。

コロナで、会いたい人に会えない時期が長く続きました。

ラインやメールは一瞬で無料で相手に届き便利です。

ですが、もう一度相手の事を思い浮かべながら、手間暇かけて、手書きの一言を添えて年賀状を書いてみませんか!

年賀状を読んでくださる方々の笑顔を、思い浮かべながら。

また「年賀状を出せる・書ける」って幸せなことです。

一年間、周りの大切な人たちが元気でいてくれたからこそ、年賀状を出せるのですね。

ご縁を温め、繋いでいく素敵な機会。

「年賀状は贈り物」ではないでしょうか。


みなさん!今日も笑顔の一日をお過ごしくださいますよう!



村山順子

閲覧数:3回0件のコメント