top of page

2021年11月24日 素敵な休日でした!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

プラタナスの大きな葉が、たくさん落ちています。

風が吹くたびに、カサコソと音を立てながら動いています。

乾いた音・・秋の音です。


昨日、兵庫県立美術館のギャラリーで、存じ上げている方が書道展に出展されているとの事で伺いました。

天気もよく、思い切って歩いて出かけました。

事務所から随分南、海の近くの美術館まで歩きました。


どのような書道展かも知らず、ただ知人の作品を拝見したくて出かけました。

会場は静謐な空間。

作品の並べ方も静かなリズムがあり、時に力強く、飾り方自体が、また書に色が入り躍動感満載!

普通の書道展ではない・・そんな感じを受けました。

書家の“高砂京子”先生主宰の書道展でした。

前井戸兵庫県知事や、齊藤兵庫県知事の書、「躍動」が隣あって並んでいました。

井戸前知事はよく書道展に出展されていますが、齊藤知事の書は、初めて拝見しました。

若々しく力の漲る初々しい「躍動」が書かれていました。

毎週伺っている神戸ポートピアホテルの中内仁社長の書もありました。皆様見事な書です。


知人の書は「徳は弧ならず必ず隣あり」を漢文で書いていらっしゃいました。

長年、精進されてきたことが伝わる見事な書でした。


近づいて来られる方、この会の主催者の高砂京子先生でした。

その時は、会の主催者のお名前を確認していなくて、後で気づきました。

先生の書は、力強くそして優しく心に迫ります。

時にアート作品のような、デザイン的で斬新な筆遣いや色使い、静かな空間でしばし回遊していました。

豊かな時間を過ごしました。


隣の県立美術館は長蛇の列。

「エジプト展」の見学者です。人数制限の為、並んでいました。


行こうと思えば徒歩圏内に、美術館、買い物エリアの水道筋商店街、王子動物園、新神戸、少し足を伸ばせば中心街の三宮も(私は三宮まで歩いて行ったことはありませんが)。


帰りは美術館前から、市バスに乗りました。

最近、市バスに乗ることも多くなりました。

市バスは乗用車より目線が高く、季節の移ろいや、街の様子がよくわかります。

ストレッチを兼ねて、立って外の景色を眺めました。

川沿いの大きな銀杏の木が、見事な黄金色!

ゆっくり眺めることができました。


28日、やっと森林植物園に紅葉を観に行けそうです。

森林植物園行きのバスの運行は、28日が今年の最終日。

バスだと、車窓からの景色も安心して眺められます。

昨年も行きましたが、今年の紅葉は今年だけ!

一人の気楽さを、楽しめるようになりました!

こんな心のゆとり・・・ができるなんて!


大勢の家族連れ、パートナーと一緒の方々に交じり、笑顔で景色を楽しめるようになっているって、なんて嬉しいのでしょう!

夫を見送り25年の歳月は、「人の喜びを笑顔で喜び、一人で楽しめるように私を育ててくれました!」

ですが、今書きながら、思います。

やっぱり夫と一緒が一番嬉しいのです。

ご夫婦お揃いの方々、年齢を重ねるほどに、お互いの存在が、かけがえのない存在になります。

どうぞ、お二人の時間を心豊かにお過ごし下さいますよう!


みなさん、心弾む素敵な一日でありますように!



村山順子

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page