2021年11月26日 思い出のスカーフ!ありがとう・・そして、さようなら!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


寒くなり、首元にスカーフが欲しくなりますね。

大好きな、今も夢に出てくるような思い出のスカーフ!

先日、新横浜から神戸に帰る道中、何処かで無くしてしまったようです。

記憶になく、ただたくさんの荷物を両手に・・


そのスカーフは、22年前のクリスマス頃、シカゴ空港の免税店で買った、最高にお気に入りのスカーフでした。

ウィスコンシン大学マディソン校を卒業する次男の卒業式のため、大学生だった三男と2人で、アメリカに行きました。

本来は夫と行く約束をしていました。

「卒業式には2人で出席しようね」と。

初めて行くアメリカ、それも個人旅行。

クリスマスの時期で、チケットがとても高かった事、覚えています(笑)


初めて見るアメリカの広さに驚きました。

その光景は今もよく覚えています・・またいつか。


帰途、シカゴ空港の大きな免税店でお土産を買いました。

一つだけ自分の為に買いました。

一目見て、心を奪われました。

深い水色(コバルトブルー)の地色にオレンジや白などの柄、カラフルですが、それでいて落ち着いた色遣い、デザイン!

エルメスのスカーフでした。


ブランド品にはあまり関心がなく、私が持っているブランド品は頂き物、特に亡き妹から貰ったものが多いです。

唯一、自分のために初めて買ったブランド品、思い出の、お気に入りのスカーフでした。


今もそのスカーフの色、柄が目に浮かびます。

どこで?の記憶がありません。

新幹線かと思い、連絡しましたがありませんでした。

きっとどなたが見ても“ステキ”って思う・・・勝手に空想します。

大事に使っていたので、新品のようでした。

ゴミ箱ではなく、誰かの襟元を・・なんて勝手な想像をして、諦めています(コロナの時期だから・・無理かもネ)


あのような美しいスカーフ!見た事がありません!

朝から、スカーフへの惜別の思いを書きました。


「ありがとう!幸せな気持ちにしてくれて。

 お別れは寂しいけど、充分幸せな気持ちにして貰ったよ。

 気づかず行方不明にしてしまって、本当にごめんなさいね。

 ありがとう!」


朝から変なメルマガで申し訳ありません。

自分の心に、諦めの決意を言い聞かせるために、お付き合い頂き・・ありがとうございます。


「物は生かす人に集まる」と言われています。

大切に生かして使いたい、後始末も丁寧に!と意識して・・と思う今朝です。


寒い週末のようですが、近畿は、紅葉も12月初め頃まで観られそうです。


今週もお読みくださりありがとうございました!


みなさん、お元気で、素敵な週末をお過ごしくださいますよう!



村山順子

閲覧数:4回0件のコメント