2021年12月23日 天を仰いで!・・・坂村真民先生・・


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


みなさんは、よく空をご覧になられますか?

私は空を見るのが好きです!

今日の空は抜けるように青いなぁ~ 高いなぁ~ 雲が飛ぶように動いているなぁ・・と。

空を仰いで腕を広げて深呼吸!  

何だか、心まで広く深くなるような気がします!


よく読む『「坂村真民一日一言」人生の詩、一念の言葉』坂村真民著(致知出版社)

本日12月23日の詩は「天を仰いで」です。転載させて頂きます。


天を仰いで


心が小さくなったった時は

天を仰いで

大きく息をしよう

大宇宙の無限の力を

吸飲摂取しよう


真民先生が、すぐそばで、言って下さっているようです。

空は無限!何処までも続いている・・・

小さなことに心を曇らせることなく、

空を見よう!深呼吸しよう!

綺麗な空気も、太陽の光も熱も、与えていただいている・・事。

なんと有り難いことでしょう!


新鮮な空気、酸素がなければ、人は生きていけない事を思う時、

普通に呼吸し空気を吸える事・・感謝の気持ちが湧いてきます。


さぁ!外に出て、空を仰いでみましょう!


今日も嬉しい一日でありますように!



村山順子

閲覧数:3回0件のコメント