2021年7月7日 先人たちの言葉に支えられて!



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

今日は七夕様!天の川は見られるのでしょうか?

用意した七夕の飾りや短冊を、スタッフたちが笹に吊るしてくれています。


話は変わりますが、原稿を書くことがありました。

越し方を振り返ってみる時、勇気を頂いたり、自分を正す言葉がたくさんあります。

それは「本」であったり、人から聴いた事であったり、その方から直接の場合もあります。

思い出すまま少し書いてみます。


「本」に書いてある言葉で直ぐに思い出すのは、平澤興先生です。

心が熱くなり、勇気が湧き上がってくる言葉たちです。

・生きよう 今日も 喜んで(本の題でもあります)

・人生は ニコニコ顔の 命がけ

・生きるとは 燃えることなり いざやいざ 進まんこの道 我が燃ゆる道


中村天風先生の

・人生は 心一つの 置きどころ


また、心が軽く明るくなる言葉の書いてある本は、斎藤茂太先生のエッセイ集「人生に必要な100の言葉」

・「良く生きる」とは、自分を褒めることです!

・悩みには締め切りを作る!

・捨てて欲しくない心

  ・人を褒める心

  ・人を認める心


京セラ稲盛和夫名誉会長の

・「動機善なりや 私心なかりしか」

 この言葉に照らし合わせて大丈夫!と思えたことから「日本全国で手紙のセミナーを」と公言し、実現。

・人の話の聴き方

 バットではなくミットで


また、直接かけていただいたお言葉では、

渡部昇一先生の

・「あなたには天から梯子が降りてくる。その梯子は降りぐせがついていて、次から次へと降りてくる」

 勿体無いような有難いお言葉でした。


関西学院大学大学院の、今は亡き佐竹隆幸教授

・「村山さんのブレてない生き方をそのまま話してください!」

 講演の機会を数多く頂いた感謝の気持ちとともに、いつも自分を振り返ってみることのできるお言葉です。


今日は相生市の金ヶ崎学園大学で、リアルでの講演をさせて頂きます。

嬉しさと緊張感が・・・。

機会を頂けたことに感謝し、心を込めてお話させて頂きます。

昨日は、亡き夫の眠る墓地に「皆様に届くお話ができるように、力を貸してね!」と

頼みに行きました。


みなさん、今日も笑顔溢れる素敵な一日でありますように!



村山順子

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示