2021年8月4日 バドミントンの全国大会が中止に!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

オリンピックもいよいよ佳境に!

男子鉄棒では19歳の橋本大輝選手が金メダルを!

体操日本復活!を思わせる選手たち!

また、入江聖奈選手が日本女子ボクシング初の金メダル!

アスリートの皆様が、全力を出し切る姿に感動します。

ありがとうございます!


話は変わりますが、昨夜、金沢の娘からLINE電話がありました。

長男(小4)が、熊本県であるバドミントンの全国大会に行く直前に、大会が中止との連絡があり、泣いていると。

スマホの画面に、ひっくり返って泣いている孫の姿が。

北陸大会を勝ち進み、やっと全国大会に行けると、家族中で喜んでいました。


「けんちゃん、残念やね!だけどコロナだから仕方がないね。来年頑張ってね!」というと、すかさず「ばあちゃん、オリンピックもしているのに!高校野球もするのに!なんでバドミントンはダメなの?来年頑張って!って言うけど無理~!だって5年生と6年生が同じ組で試合をするから。6年生は大きいから負けるから」と。

4年生の今年が、絶好のチャンスだったと、泣きながら話します。


色々話を聞きながら、「けんちゃん、悔しいね!ばあちゃんも悔しい!今の気持ちをそのまま、作文に書けばどうかな」と話すと、「ママも、ばあちゃんと同じことを言う!作文に書いてって」とけんちゃん。

話していると、娘が新聞に「残念だった!」って投稿したら・・・と。


そんな話をしていると、いつのまにか、笑い声に。

そして、お姉ちゃんたちが「けんちゃん、あんなに楽しみにしていたのに可愛そう!好きなポケモンカードを買ってあげて!」と頼んでいる声が聞こえます。


娘一家は夫婦、孫3人も全員が、バドミントン選手。

お姉ちゃんたちも全国大会で活躍。

けんちゃんも今年こそ!と思っていただけに、残念さは・・いかばかりか!


悔しがる弟の気持ちを、よく分かるお姉ちゃんたち、両親。


“嬉しい事や悔しい事を共有できるって!家族で本気で取り組む!事っていいなぁ~” と、思う昨晩でした。


末っ子のけんちゃんは、小さい頃はわがままを言ってよく泣いていました。

小学4年生になって、悔しがって泣く孫の姿に、大きくなったなぁ~と、成長を見る思いでした。


私的なメルマガになってしまいました。

今日もお読みくださり、ありがとうございます!


みなさん、笑顔溢れる素敵な一日をお過ごし下さいますよう!



村山順子

閲覧数:2回0件のコメント