2021年9月15日 もうすぐ「敬老の日」ですね


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

夜明けが遅くなり、日没が早くなりました。

秋が駆け足で近づいています。


夏の間、木陰を作ってくれていた大きな楠の並木。

昨日、高く茂った楠の枝葉を、職人さんが高所作業車に乗って、上から順番にチェーンソーで切っていました。


楠の良い香りが、マスク越しにも伝わります。

その木は、樹齢を重ね、朽ちかけていたようです。

幹には、多くの年輪が刻まれていました。

精一杯葉を繁らせ、そよ風を送ってくれていた楠。

楠の足元に植わっていたツツジたちに陽があたり、喜んでいるように見えました。

命の循環が、営みが、続いています。


話はガラリと変わりますが、

9月20日は「敬老の日」です。

昨夜のニュースで、全国で100歳以上の高齢者数が8万6000人余で、過去最多更新と出ていました。

その中に占める女性の割合は、88%だそうです。


また、人口10万人あたりの100歳以上の方が1番多いのは、134.75人の島根県で、9年連続最多とのこと。

埼玉県は42.4人で32年連続最少だそうです。

どんな理由があるのでしょうね。


100歳以上生きられるというのは、すごいことですね!

まして寝たきりではなく、自分のことがある程度自分でできるとしたら、なんと素晴らしい事かと思います。

筋力は、何歳からでも鍛えられると言われています。

私も自宅で自立した暮らしができるよう、足腰の筋力を少しずつ鍛えていきます。


敬老の日を前に、人生の大先輩の皆様方に、心からの感謝とエールを送らせていただきます!


みなさん、今日も笑顔いっぱいの 一日でありますように!



村山順子

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示