2021年9月9日 電話っていいですね!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


昨日、亡き恩師の奥様にお電話させて頂くことがありました。

奥様は古くからの弊社のお客様です。


私事になりますが、私は中学3年生に上がる春休みに、「神戸に行って勉強しなさい」との親の勧めで、故郷、沖永良部島から神戸の叔母宅に下宿し、地域の公立中学校に転校しました。

島外に出るのが全く初めてだった私は、あまりのカルチャーショックに、慣れることに必死でした。

担任の先生のお名前や教科は記憶にありますが、具体的な当時の記憶は曖昧です。

(何故か、クラスメイトの顔や出来事は、鮮明に覚えている部分もありますが)


今から16~17年前、家事サービスのご依頼がありました。

お見積もりに伺い、お仕事をさせて頂くようになりました。

そのお客様が「恩師の奥様」という事がはっきり分かったのは、中学校の同窓会でした。

お身体の具合の悪いご主人様(恩師)の付き添いで、奥様が同席されていて分かりました。驚きました!


当初2回ほど、私もスタッフと一緒に家事サービスに入らせていただきました。

恩師は別室にいらっしゃり、一度ご挨拶させていただいたのですが、全く気付きませんでした。


先生が亡くなられた事、家事サービスに伺っているスタッフから連絡がありました。

この時期なので、どこにも知らせずに見送られたとの事でした。

心ばかりのお供えと、お手紙を送らせて頂きました。

その事へのお品が届き、驚きました。


そのお礼のお電話が、昨日やっと繋がりました。


奥様は目の具合が悪く、亡き先生は奥様に「100まで生きて、お前の目の代わりをしなくてはね!」と、言われていたそうです。

「入退院を繰り返しながらも頑張って、いつも私のもとに帰って来てくれていたのに。92歳でとうとう!」と・・・話されていました。


私が夫を早くに見送った事をご存知の奥様は、「村山さんは突然のお別れで、4人の子どもさんはみなさん学生。大変でしたね」と、かえって奥様から、優しいお言葉を頂きました。


やっぱり電話って良いですね。

お声で、心の状態が伝わりますね。

いろいろお話しし、お聞きしているうちに、お声が明るくなり、笑い声も聞こえるようになりました。


手紙も、メールも、ラインも良いですが、時には、お声が聞こえ、話ができる「電話」・・・良いですね!

優しい余韻の残る、奥様とのお電話でした。


みなさん、今日も笑顔溢れる 素敵な一日でありますように!



村山順子

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示