2022年10月5日 「お土産は用意しましたか?」



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


天気予報では、今日からぐっと冷え込んでくるとの事、

一気に秋らしくなってくるようです。


毎年、この時期になると思い出すことがあります。

それは私の一つの夢が実現し、今も続いていることです。


2012年2月7日は、母校武庫川女子大学で初めて講義させて頂いた日です。

その3日前の2月4日に、

兵庫県倫理法人会役員研修が、神戸ポートピアホテルでありました。

東京から理事長が来られ、ご講演くださいました。

(その時の神戸市倫理法人会の会長を、私がさせて頂いていました)


朝食会で、理事長の前に座らせて頂いていた私は、嬉しくてつい、

「3日後に初めて母校で講義させて頂きます!」と、話してしまいました。

すると理事長は「村山さん、お土産は用意したかね!」と。

私は、怪訝な表情をしたのだと思います。

理事長は「村山さんが大切にしている言葉を思い出すだけ書いて、

それをお土産に持って行きなさい」と、ご指導下さいました。


ポートピアホテルのロビーで、一気に、浮かんでくる言葉を書き出しました。

10分位の間に50近くの言葉が、次々に浮かんできました。

自分でもそれだけの言葉が浮かんできた事・・・に

驚いた事を思い出します。


在学中、学部に関係なく、必ず一度は受講しなければならない

講義になっています。

毎年初めて受講する学生ばかりですので、

今もその言葉をお土産にしています。


今年も10月31日、孫のような後輩たちに、

講義させて頂きます。

何故、私が母校で講義させて頂く事になったのか・・

その事は長くなるので、またいつか書かせて頂きますね。


私にとって、後輩達に伝えることができるのは、とても嬉しい事、

命が喜ぶことです。


終わると同時に、講義の感想や質問が、A4にぎっしり!

学生によっては、裏面まで。

殆どの学生が「〇〇しようと思います」ではなく、

「いついつまでに〇〇します」と、断定で書いています。

行動に移してくれるとのこと、「伝わったなぁ~」と嬉しくなります。


今年はどのような後輩たちに出会えるのか・・

今から楽しみです。


私は、いつも後輩たちに、

「武庫川女子大学で学んだから、今の私があります」と伝えます。

その話を聞くと、顔がパッと明るくなる後輩達がたくさんいます。

第一志望校ではなく、やむなく入学した学生もいます。

私自身も同じ経験をしていますので・・その学生たちの気持ちがよくわかります。

ですが、この大学で学んだからこそ、今の私がいます。

感謝の母校です!


そんな事を思い出す、10月はじめの朝です。


みなさん、体調管理に気を付けられ

今日も笑顔溢れる素敵な一日でありますように!



村山順子

閲覧数:2回0件のコメント