2022年11月14日 学びの週末でした!



おはようございます!

今朝も笑顔満開、元気で朝を迎えられた事、お互いに有難いですね。

週末、いかがお過ごしでしたでしょうか?


私は土曜日、滋賀県の高校の先生がパーソナリティーをされている

「ラジオ虹天塾」にズームで初参加。

この日の講演者は、小学校の時から学校に行くのがつらくて・・・

先生が怖くて、給食が食べられなくて・・・体調も悪く、長い間不登校。

23歳の今は、映像関係のお仕事をされ、本も書かれたり、ご自身の辛い体験から、

登校できない子どもたちの力になれるような活動をされているとの事。


結びには、こんな事を。

「とにかく笑う」「軽い運動」「思考のストッパー」

「毎日日記をつける」「瞑想」

「言葉の習慣付け(良い言葉)」

「『今』を強く楽しく生きる」

そして、周りの人に対しては

「『ひとりじゃないよ』とそっと見守り寄り添う」

ただし、程よい距離感で・・と。


落ち着かれた、穏やかな話し方でいらっしゃいました。

今も病院に通われながらだそうですが、体験された苦しみの中から確かな事を見つけ、

前を見て歩み続けていらっしゃいました。

あの事があったから、幸せだと思える・・今があると。

全てオッケー!なのだと、思えました。


また、昨日は、財団法人「健康・生きがい開発財団」の

「健康生きがいづくりアドバイザー全国大会」がズームでありました。

『“つながりと共感”で地域共生社会を創る!

今こそアドバイザーが担い手に!』というテーマでした。


私は、20年前からのメンバー(アドバイザー)です。

私自身は殆ど活動らしい事はしていませんが、

他のアドバイザーには素敵な方々が大勢いらっしゃいます。

日本全国47都道府県で手紙のセミナーを!と誓っていた時、

新潟県がなかなか・・でした。

そんな時、長岡市のアドバイザー仲間が「総会で講演してください!」と

機会をご用意下さったことがありました。

長岡100歳大学の中心メンバーでいらっしゃる方です。

行政とのパイプも太く、議員さん15名程の生きがいアドバイザーをされているそうです。


「人生100歳時代」を先駆けて提唱された方は、

元滋賀県知事の國松善次氏。

ご夫妻でアドバイザーでいらっしゃいます。

お母様は105歳で亡くなられるまで、お元気で、自宅で過ごされたそうです。

栗東100歳大学、甲賀100歳大学は、すでに始まって何年も経ちます。

和歌山100歳大学、長岡(新潟県)100歳大学も開校直前。他の県でも。


ズーム越しでも、皆さんの生き生き発表される姿が、輝いていました。

何か私にもできる事があるかもしれないと、元気を頂ける内容でした。

充実した週末でした。


これから講演の為、奄美市に参ります。

大阪国際空港から乗り換えなしの直行便があり、

1時間50分で到着との事。

講演が終わったら、「田中一村記念美術館」、そして

世界自然遺産にもなっているマングローブの森を観てきます。


みなさん、今週も笑顔溢れる素敵な一週間でありますように!



村山順子

閲覧数:2回0件のコメント