top of page

2022年11月28日 出会いが有れば、別れも・・



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


土曜日、10月に亡くなられた鈴木民ニ先生(ヒューマン・リソース研究所所長、人間図書館館長。天分塾(現 人間学塾・中之島)発起人のお一人)の、お別れ会に参加させて頂きました。


今年、私を引き上げ導いてくださり、お育てくださった方々とのお別れが続きました。

2月、森信三先生の三男森迪彦氏、

5月、滋賀ダイハツオーナーの後藤昌幸氏、

そして10月、人間図書館の鈴木民ニ先生とのお別れ。


出会いが有れば別れが有ること・・分かってはいますが、まさか!こんなに早く、

それも今年に重なるなんて・・思ってもいませんでした。

土曜日のお別れ会は、民ニ先生らしい温かいものでした。


民ニ先生70歳頃のご講演をDVDで拝見しました。

品がよく、ハンサム。

お話のテンポは若々しく、優しく温かく、ユーモアもいっぱい!

笑い声の聞こえる、会場の方々と一体になったご講演でした。


全てを肯定、人を褒め、やる気や勇気を与えて下さる

温かい民ニ先生のご講演は、生涯を貫いていらっしゃいました。

「一人一人が、その人しかない天分を持って生まれてきている。

その天分を花開かせてほしい!」と、褒め励ましてくださいます。


奥様は随分前に亡くなられ、長女さんのところに6人のお孫さん!

お別れ会で、長女さん次女さんがご挨拶くださいました。

ご家族にも恵まれ、お幸せなお暮らし。

タイガースの大ファン!

次女さんと甲子園へもよく足を運ばれ、タイガース話で盛り上がったそうです。


民ニ先生を慕って学びに来られる一人一人を、優しい眼差しで包み励まし、

その人の「天分の花」が開くよう見守り励まし褒めて下さっていました。

「天分の花は一度開いたら、生涯枯れる事はない」と。


未熟な私ですのに、人間図書館に伺うと、後藤オーナーの後に、

私に発言の機会をいつも設けて下さっていました。

勿体ないようなお出会いでした。

そして思います。

いつ終わるかもしれない、限りある命。

今日一日を、今を、精一杯悔いなく過ごすことを、改めて教えて頂きました。


あと2日ほどで師走です。

年賀状、大掃除、今年やるべき事を書き出し、計画的に、

余裕を持って年末を迎えられるように!いたします。


みなさん、冷え込んでまいりました。

今日もお健やかで、素敵な一日をお過ごし下さいますよう!



村山順子

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page