2022年11月4日 「何か後悔している事はありませんか?」



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


31日、母校武庫川女子大学で後輩たちに講義させて頂きました。

毎回講義が終わると、コミュニケーションシートが届きます。

学生たちの、感想や私への質問が書いてあります。

そのシートから、たくさんの喜びや感動を頂き、胸が一杯になります。


今回、その中の一つに、こんな質問がありました。

「何か後悔している事がありますか?」と。


その時々、懸命に生きてきました。

ただ、今思い出す後悔は、一度だけ夫の誘いを断った事です。

毎年、田舎の親睦の運動会がありました。

夫は会の役員で、マイクでみなさん説明、指示していました。

いつもは最後の親睦会まで参加する夫が

「疲れたから」と早く帰ってきました。

それなのに、「順さん、新神戸のホテルでお茶しない?」と誘ってくれました。


いつもなら嬉しくて、お洒落して出掛けます。

ですがその時、私は

「明日は、朝早く広島に出張でしょう。疲れているようだから

帰ってきてから、連れてってネ」と。

記憶している限りでは、はじめて夫の誘いを断りました。

1996年10月27日日曜日の事でした。


その翌日、夫は広島で倒れそのまま。

この事を後悔しています。


「どんな話ができただろうか?

夫は何を話してくれただろうか?」と。

あの時に戻れたら、聴いてみたいです。

ごめんなさいね、勝保さん!


「あとで、はないよ!今しかないよ!」と。


気づいた事、したい事は直ぐにしよう!は、

夫との突然の別れが、さらに強く、

私に教えてくれた事です。


今月は、たくさんの予定があります。

楽しんで、喜んでさせて頂きます。


みなさん、今日も笑顔溢れる

楽しい一日でありますように!



村山順子

閲覧数:3回0件のコメント