2022年2月14日 嬉しい連絡が!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

三連休、いかがお過ごしでしたでしょうか。

神戸は穏やかな天気に恵まれました。


昨日は、森信三先生の「実践人の家」の不尽掃除の会、その後の役員会、そして森信三先生が大切にされていた「ペスタロッチの会」に参加させて頂きました。

多くの先輩方と共に、学ばせていただけます事、感謝です。

私が14年前から学ばせて頂いている「倫理法人会」も、また「実践人の家」も、共に『実践』を大事にする会です。

その一員として、良いと思った事は、即実践してまいります。


話は変わりますが、嬉しい連絡を頂きました。

実は、2年前からのお約束の「withコロナ時代を明るく生きる」の講座が、コロナで延期、また延期になっており、一応今月24日の予定になっていました。

「今年も無理だろうなぁ~」と思っていました。

そんな中「手紙のセミナー」をリアルで実施させて頂けるとの嬉しいメールが届きました。

担当者から、「まん延防止重点措置が発令されておりますが、講座の方は、消毒・ディスタンスをとりながら、開催予定でございます」とのメールでした。

伊丹市立中央公民館の決断に感激しました。


人と会いたくても会えない今だからこそ、「手書きの手紙の優しさ」を大切な人に届けて頂きたい!と思います!


手紙のセミナーに参加された方々から、よく手紙が届きます。

みなさんが同じことを書いていらっしゃいます。

「気軽に会えない今、手紙は心を通わせる大切なツールです。

手紙は相手の時間を邪魔しないし、読み返すこともできるし、照れ臭いことも手紙だと素直に書けます!

自粛期間に、どれほど手紙を書いた事でしょう!頂いた事でしょう!・・」と。


リアルで手紙を書いて頂くセミナーは、本当に久しぶり!

それも、ほぼ同年代の方々。

あぁ~想像しただけで嬉しくなります。

早くお会いしたいです!

初心に戻り、しっかり準備して伺います!


出来ないのではない!どうしたらできるかを考え、できる限りの準備をしながら、実施することを決断して下さった伊丹市立中央公民館の方々!

ありがとうございます!

そのことに、勇気を頂きました。


毎日、小さい決断や、大きい決断の連続です。

厳しいけれど、やり甲斐のあることを「どうしたらできるか!」と考え、全力で向かう決意をした昨日でもありました。


みなさん、今週もお元気で、笑顔溢れる1週間でありますように!



村山順子

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示