2022年3月10日 初対面の私に!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝を迎えられたこと、嬉しいですね!


今日は神戸市立中学校の卒業式!

明日は高校受験日、それぞれの15の春を迎えるのですね。


話は変わりますが、

『人生は人と人の出会いだと思う!縁を大事にして下さい!』

これは亡き夫が、高校卒業後すぐにアメリカに留学した、当時の次男に宛てた手紙の一文です。

鳥取市にお住いの平野憲二さん(実名の許可を頂いています)とのお出会いが、まさにそうでした。


十数年前、神戸の元町で、今は亡き石川洋先生の講演会がありました。

主催者は、美容室に商材を販売しているメーカーさんでした。

参加されている方々は、ほぼ美容室関係の方々。

私は石川洋先生の講演をお聞きしたくて伺っていました(余談ですが、その会場は亡き夫が勤務していた会社でした)。

講演終了後、隣の席にいらした平野さんと名刺交換!

私と同年齢と知り、すぐに意気投合!

その折に「日本全国で、手紙の素晴らしさをお伝えしたいと活動しています」とお話ししたように思います。

当時既に十数県では、手紙の講演&ワークショップをさせていただいていましたが、「日本全国で!」という目標を立ててからは、まださせていただいていない時でした。

平野さんは、その場で「村山さん、一度鳥取に来て下さい!」とお誘いくださいました。

短い話の中からも、誠実なお人柄が伝わり、鳥取市に伺うことになりました。

鳥取市の“仁風閣”という荘厳な洋風建築!元鳥取藩主池田家の居城跡にある、国の重要文化財を見学させて頂きました。

平野さんのこれまでを聞かせて頂き、私も“なぜ手紙の事を全国でお伝えしたいのか”、詳しくお話させて頂きました。


その後、あまり時を経ずして、平野さんの会社で「手紙のセミナー」を開いて頂きました。

仕事が終わった後の、夜のセミナーでした。

当日は大雨でしたが、良いお顔をされた年配の男性が多く、親子の方も。

20名ほどの方が参加され、大切な方に手紙を書かれ、読んでいただきました。

「日本全国47都道府県で手紙のセミナーを!」と宣言してから、一番に呼んで下さった平野さん。

初対面の私がどのようなセミナーをするのかもご存知ない中(拙著「60歳の約束」を送らせていただいたかとは思いますが)、私を信じて皆様を集めて下さったこと、感謝しかありません。

その後、お得意様の温泉町の美容室でも、手紙のセミナーを開いて下さいました。

書きながら、して頂いた事を次々思い出し、感謝の思いが込み上げてきます。


平野さんは、コロナ以前に大きなご病気で入院されました。

お見舞いに伺った時、奥様の献身的な看病を見せて頂きました。

駅まで送っていただく車の中で、奥様のお話から平野さんへの深い愛情を感じ“夫婦っていいなぁ!平野さんにはこれほど思ってくださる奥様がいらっしゃる!“と感動した事、思い出します。

奥様は野菜や花を育てていらっしゃり、平野さんは今も写真に撮ってアップされています。

以前からお優しい平野さんでしたが、ご病気をされた後は、考え方、見方がよりお優しく深くなられたように感じます。

そして以前より多く、鳥取新聞の読者欄に、投稿が掲載されています。


初対面の私に「鳥取でセミナーを」と声をかけて下さった平野さん!

ありがとうございます!

多くの良き出会いがあって、今に繋がっています。

今できる事を、精一杯させて頂こうと、改めて思う今朝です。


みなさん、笑顔溢れる明るい一日でありますよう!



村山順子

閲覧数:5回0件のコメント