2022年3月24日 尊敬申し上げる先輩方!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

ここ数日、花冷えの日が続いています。


今日は、私が尊敬申し上げる人生の先輩方の事を書かせて頂きます。

その中でも今日は、90歳以上の先輩方・・このメルマガにも何度か登場している4名の事を、書かせて頂きますね。


共通しているのは、下記のような事に思います。

・お元気で自立して暮らしていらっしゃる 

・話すのがお好き(人と出会う) 

・目標を持っていらっしゃる

・記憶力抜群 ・好奇心旺盛・・・等々


①93歳の京二先生(20年来のお客様)

 先生の記憶力は抜群。お声が大きくハリがある。

 お子さんはいらっしゃらないが、後の事を託す方がいて色々決めていらっしゃる。

 無理をせず、昔からの患者さんだけ診られる。

 食生活、睡眠などしっかり。(足腰は衰え、敷地内をお散歩)

 奥様を十数年前に見送られ、広い家でお一人暮らし。

 食事等のお世話は、お手伝いさんが。

 社会の出来事に、ご自身のお考え、意見を持って話される。

 人と会われる(患者さんも世間話をされる)。


②91歳の文子さん(神戸にいらっしゃる時の15年来のお客様)

 記憶力抜群。話すスピードが速い。話題豊富。学び心旺盛。

 新聞等もよく読まれる。自分の意見、考えを持たれている。

 生きがい(赤ちゃんの頃から育てられたお孫さんたちの、ドクターとしての活躍)を持っている。

 故郷に帰られ、教え子をはじめ、知人が多い。

 (今、骨折で入院中ですが、結婚式に参列!に向けてリハビリ中)

 20代の時にご主人様を見送り、婚家のご両親が赤ちゃんを育ててくれ、定年まで教師を。


③かおるさん(手紙のセミナーにご参加下さった方)

 記憶力抜群。好奇心旺盛。常に目標を持ってチャレンジ。

 コロナで途絶えていた英会話レッスンをインターネットで再開の準備中。

 100歳になったら、老人ホームの慰問で銭太鼓、坂田三吉の歌を朗誦する事を目標に、毎日練習。

 小さなカフェを開かれ、一人で切り盛り。

 かおるさんの話を聴きたくて、また聴いてほしくて、相談にのってほしくて、お客さんがたくさん来られる。

 午後からほぼ毎日、店を開けられている。

 毎日の日課・・ストレッチ、筋トレ2時間。32キロの体はほぼ筋肉のよう。

 かおるさんの事は書ききれません。


④96歳の芳子叔母ちゃん(亡き父の妹)

 記憶力抜群で聡明。文章、字、絵が上手く、論語、詩吟、歌を詠む。

 論理的思考と情的思考のバランスが見事。

 座右の銘「人生は心一つの置きどころ 中村天風」

 経済的にも恵まれた医者の家のお嬢さんとして生まれたが、常に弱い人たちの立場に立って、考える叔母。

 (食べものも、その方々と同じような食事を好んでいたと、母が話していました)

 私たち5人の甥姪が尊敬してやまない叔母。

 ケアハウスに入所中の叔母の日課は、富士山を部屋から見、晴れた日は屋上に登り体操、緑道を散策。

 規則正しい生活で、ケアハウスの食事以外は殆どとらない。

 部屋は、マスコミや、入居を目指す方々のモデルルームになっている。

 暮らしも、身も心も、スッキリ。

 いつも明るい受け止め方・・(自分に言い聞かせてきたことも多かったと思います)

 全てを感謝で受け止め、散策中も道端の名もなき草や花に「頑張って咲いてくれてありがとう!」「えらいね~」「ありがとう」など声を掛けながら歩くそう。

 叔母の事も書ききれません!


見渡せば、素敵な先輩、同輩、後輩たちに恵まれています。

なんとありがたいことかと思います。

「素晴らしいなぁ~素敵だなぁ~」と思います。憧れます。

そして思います。

私たち一人一人が、自分で気づいていない良いところがいっぱいあります。

自分が元気になれるよう、自分の良さをもう一度見直し発見し(身近な人に聞くのも良いかと思います)、自分を褒めながら「上機嫌で」暮らせるようにしていきたいと思う今朝です。


今日も、手も足も動く、食事も美味しい!

生きている!生かされているって、なんて嬉しい事でしょう!


みなさん、笑顔溢れる素敵な春の日を お過ごしくださいますよう!



村山順子

閲覧数:1回0件のコメント