2022年3月3日 シニア川柳が届きました!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

今日は桃の節句ですね。

桃の花や菜の花など、春の花を飾りました。


日本では命の危険を感じることなく、穏やかな毎日を送れています。

決して当たり前のことではなく、有り難い事だと思う日々です。

ウクライナでは、多くの方々が戦禍に巻き込まれています。

幼な子までも命を落としています。悲しすぎて見るに堪えない映像が・・

どうか1分1秒でも早く、戦闘状態をやめてほしいです。

「宇宙船地球号 乗組員」の私たち一人一人。

(故 西中務弁護士が、いつも葉書にこのゴム印を押されていました)

他の国の事ではなく、同じ地球人!

ですが、ただ祈ることしかできないこと、申し訳なく、もどかしく思います。


話はガラリと変わります。

世界の悲しい状況下で不謹慎かもしれませんが、昨日、友人からLINEで「シニア川柳」が届きました。

思わず大笑いしてしまいました。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、いくつか書いてみますね。


・紙オムツ 地位も名誉も 吸い取られ

・いつ死ぬか 分かれば貯金 使うのに

・物忘れ 知識を少し 捨てただけ

・「君の名は?」老人会でも 流行語

・遺言書 「全て妻に」と 妻の文字

・通帳に 暗証番号 書いている

・寝てるのに 起こされて飲む 睡眠薬

・母がボケ はじめて知った 過去の恋

・ペットロス 主人の時より 号泣し

・ピンポーンに やっと出たのに 不在票

・生きがいは 何かと問われ 生きること

・できますと 家族を泣かす 認定日

・ついて来い 言った妻に ついて行く ・・等々・・


大笑いしながらも、いつかは通る道かも?と身につまされたり。

暮らしの中にユーモアを!良いですね。


そんなシルバー川柳とは全く無縁の女性!に、昨日お会いしてきました。

このメルマガでもよくご紹介させて頂いている、神戸湊川の、かおるさん(97歳)のお店に寄りました。

かおるさんは、三宮での私の手紙のセミナーに何回もご参加いただいた方で、手紙を書くのがお好き!私もよく頂いています。

慣れた手つきで、コーヒーを大ぶりなカップにたっぷり淹れてくださいました。

足腰元気、気力、好奇心旺盛なかおるさん!

お店には、かおるさんに会いたくて、話をしたくて、聞きたくて、ご近所の方々が。電車に乗って来られている方も。

昨日は私1人。かおるさんを独り占め(笑)


100歳になったら

・老人ホームで銭太鼓を披露する

・坂田三吉の15分の歌を吟じる!

との目標を持って、実現できるように毎日練習されています。

夜は8時ごろに就寝。朝6時ごろまでぐっすり!

トイレには、夜中に一回行くかなぁ?と。

朝2時間かけてのストレッチ!

37キロのお身体は、バネのようです。

何か一つでも真似したいと思いながら、別れました。

(始めるのですが、なかなか・・・継続が)


尊敬申し上げる人生のモデルの方が、周りに何人もいらっしゃいます。

一つでも身に付けられるよう、私も真似します!


みなさん、今日も笑顔溢れる一日でありますように!



村山順子

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示