2022年4月6日「毎日をデザインする!」

更新日:4月7日


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。

昨日は二十四節気の「晴明」・・万物に清新の気がみなぎる時節。

春爛漫、命の息吹に溢れている今、まさに「晴明」!

誰が名付けてくれたのでしょうか。美しい表現ですね。


話は変わりますが、

昨朝は、神戸ポートピアホテルでの経営者モーニングセミナーに出席。

講師は、画家の安岡明夫先生(88歳)。

テーマは「毎日をデザインする」でした。

「毎日をデザイン」するってどんなことなの?

と、始まる前から楽しみでした。


安岡先生は、穏やかなお顔で静かに、波瀾万丈の人生を話されました。

過去、多くの職業につかれ、多くの引越しをされ、結婚も数回・・と。

若い頃は、広告の看板を描かれたりしていた時もあったそうです。

また、NHK美術センター・タイトルデザイン部に勤務。

その後、1967年、時事漫画家としてデビューされ、多くの新聞、雑誌、週刊誌で連載をされていたそうです。


講話中に回って来た一冊の分厚い本「笑えない漫画」。

1ページに1つの絵。

その当時の社会情勢、政治、国への不信感、国際問題、等々が切り取られて描かれ、一つの言葉も書いてありません。

社会を見る深い洞察力、表現力、デザイン力が一つの絵(漫画)に込められ、グッと胸に迫るものがありました。

言葉の要らない世界が、説明のいらない世界が、そこにはありました。


昨年、奥様を見送られ、今は老人施設にお住まいで、そこで絵を描いておられるとの事。

画壇や美術協会などには一切所属されず、画家、陶芸家、墨彩画家として、今もご活躍されていらっしゃいます。


「毎日をデザインする」という話は・・

「この世の中はデザインで満ちている。自分の一日をデザインする・・・今日をどんな日にするのか、自分でデザインする!」


その言葉を聞いて、瞬間に喜びでいっぱいになりました!

”何気ない一日を過ごすのか、自分のデザインした一日を過ごすのか!“


自分のデザインした一日!

今日、誰と会うのか、どんな服を着るのか、どんな食事をするのか、何を観るのか、どんな本を読むのか・・

たとえ同じことをして過ごす一日であったとしても、「毎日の予定を立てる」のと「毎日をデザインする」とでは、全く違うように響きます。

「一日をデザインする」・・より主体的に感じられ、自由度が高く、心が弾みます!


みなさん、今日の一日をデザインしてみられませんか?私、してみました!


今日も、笑顔溢れる一日でありますように!



村山順子

閲覧数:1回0件のコメント